にゃんこの大相撲九州場所 2016

にゃんこの大相撲九州場所 2016

1年納めの九州場所。

事前の注目点としては、先場所(秋場所)で全勝優勝した大関の豪栄道が横綱昇進、そして、2桁勝利が続いた関脇の高安が大関昇進をそれぞれ果たせるかどうかにあったと思う。

しかし、そんな一筋縄で行かないのが世の常か。両者とも昇進はお預けだし、むしろ、振り出しに戻ったと言える点もあるだろう。2017年になっても気力を切らさないことを願おう。

そんな中でオイラが注目した力士がこちら。

これは9日目(11月21日)のこと。新入幕の石浦は初日こそ黒星だったが、2日目以降は会心の内容で勝ち星を積み重ね、見事勝ち越しを決めたのだ。その後も連勝は続き、10連勝の時点で三賞は確実となった。

幕内最軽量の小兵力士ではあるが、力士ならぬ筋肉の発達っぷりを見れば、何かをやってくれそうと期待するところがある。この快進撃は来場所以降も続くのか楽しみである。

そう言えば石浦って十両時代、尾てい骨の骨折を押して出場した場所があったよなぁ。あの時は勝ち越せなかったが、そこまで酷い成績でなかったと記憶している。いやはや凄いよなぁ。

さて、今場所中に投稿したツイートを改めて見ると…あらら、力士や土俵上の一番とかよりも、むしろこの方についてが多くなっているな。

今場所は何か、北の富士勝昭さんが持っていったところがあるなぁ。歯に衣着せぬ発言もだし、ファッションもだし。本当に70代なのか?と驚くところでもある。

ちなみに、これは場所前に放送された『徹子の部屋』の模様。民放でもその解説スタイルが注目されたということでもある。これにはTwitter相撲部も大喜び。

ただ、弟子で今年他界した千代の富士(秋元貢さん)を偲ぶという側面もあったので、どこかでしんみりとする場面も。それでも愛弟子を想う姿に好感を持った方も多かったのではないだろうか。

「Twitter相撲部が大喜び」と言えば、こんな企画もありましたな。

ご当所で好調だった熊本出身の正代(しょうだい)。本場所の関取訪問企画は関取の里帰りの模様だったのだが、そこに現れたのがお婆ちゃんの正代正代(しょうだい まさよ)さんである。

以前の大相撲中継で、正代関のお婆ちゃんが正代さんであることは紹介されており、相撲ファンの中でも関取を「まさよ」と呼ぶ声はあった。それがまさかのご本人登場で大いに湧いた。

「しょうだい しょうだいです」と笑顔でおどけるお婆ちゃんの姿にほっこりした方は多く、話し方や表情からも優しさや品の良さがにじみ出ていた。これからもお元気で。

では最後に、今場所で投稿した迷場面なツイートを一挙に。

親方よ、何故それを力説する?

これはウィロー博士もビックリな発見かと。

勢の折角の意気込みを台無しにする勝昭。

雑談が招いた悲劇だのぉ。

そんな訳で、2016年の大相撲も残すは冬巡業か。今年は秋場所をほぼ見ることが出来なかったのはあるが、夏に初めて巡業を見に行くことが出来て、オイラにとっては充実した1年だった。

初めて番付表も手に出来たし。

勢力図も変わりつつあるようで、2017年以降の展開も気になるところだ。次回は年明けの初場所。2017年は巡業もだけど本場所にも足を運べたらなぁ。そんな訳で、次回もどうぞよしなに。

PAGE TOP