三島食品「のり弁の秘密」の秘密を暴くってチャレンジャー?

NO IMAGE

買わない訳には行かないだろう。

「ゆかり」だけじゃないのねのり弁の秘密」…名前もだけど、パッケージのインパクトも大きい。素っ気ない印象になりがちな「のり弁」を一味変えるというコンセプトは、食べずしてもよく分かる。

販売しているのは三島食品…実はオイラの地元、広島のメーカーなんだな。三島食品を代表する商品は、赤しそご飯の素となる「ゆかり®」…知らない方はそうそう居ないだろう

相方さんは「知らん」と言っておったが。

まぁ、でも「ゆかり®」の知名度が高すぎて、「のり弁の秘密」という商品が三島食品のものとは思わなかったし、商品自体も陳列棚で見るまで全く知らなかった。凄い発見にも感じられる。

のり弁に限ることも無いわなさて、商品パッケージの裏面を見ると、のり弁に使うのは勿論、そのまま「ふりかけ」として食べることも提唱されている。それぞれに異なる食感が楽しめるってことだ。

これが厄介なのよね実は今回買ったのには訳がありまして…弁当を作る機会ってそんなに無い一方、香典返しなどで焼き海苔を貰うことは結構ある。こんなサイズに切られても、味付け海苔と同じ感覚で食べるのは正直辛い。

これが普通の量その「辛い」を解消出来るだろうと踏んでお買い上げ。一般的なふりかけとは異なり「刻み海苔」が入っていないからね…温かいご飯に振って、焼き海苔で巻いて食べよう。

ふりかけとしては殺風景ひとまず振ってみる。

写真撮るの難しいね焼き海苔でグルッと。

食べてみると、砂糖やみりんの甘さは抑えられ、醤油が効いた味だと思った。海苔との相性を考えてのことかもね。一般的な「カツオ(みりん)ふりかけ」を思い浮かべるとチト違って感じられる。

ただ、これは温かいご飯に振ったからそう感じたのかも知れない。弁当はご飯が冷たい場合が多い。冷たい食べ物は味が薄く感じられるとも聞くから、敢えて醤油を効かせた味にしているのかも。

そのお陰で焼き海苔を減らすのに一役買っている。変にゴテゴテと食材を入れないことで、食べやすさが増しているようにも思える。中々面白いことを考えてきたなぁ。

ご飯の上に振って、その上から海苔を乗せるのがオーソドックスなやり方か。弁当箱の半分の高さまでご飯を詰めて一旦振り、またご飯を詰めて降って海苔ってのも味があるな。

混ぜご飯もアリだろう。

今回は唯一店頭にあった「かつおふりかけ」を買ってみたが、これ以外にも赤しそ、和風カレー、マヨネーズ風味、辛子明太子風味があるようだ(2016年11月15日現在)。いずれも、カツオがベースとなっている。

地元企業も頑張っていらっしゃる。

機会があれば綴ってみようと思うけど、広島って結構メジャー…と言うか、全国区にするべきふりかけメーカーが幾つかあるのよね。三島食品もそのひとつ。

「のり弁の秘密」は「ゆかり®」に続くヒット商品になっていくだろうか!?