府中郷土の森公園に行ったら「古都見カフェ」でランチをしようぜ

NO IMAGE

道路挟んで向かいってのがありがたいね。

こういうのが嬉しいのよ現在、ポケモンGOの「ピカチュウの巣」として知られる、東京・府中市の府中郷土の森公園。その向かいにあるのが、府中市郷土の森観光物産館だ。

2011年11月にオープンしたこの建物は、府中市内の農産物や特産品、観光関連商品を販売したり、地元の農産物を使ったメニューを提供する「古都見(ことみ)カフェ」というレストランがある。

先程の写真は「府中野菜のスープご飯」(530円)で、季節に応じた特産野菜を鶏肉や卵、黒米を使ったご飯に合わせ、あっさりとしたスープで仕立てている。咳喘息のオイラに打ってつけだ。

外食だと量が多くて食べきれないと心配される方も、これなら丁度良いのではないかと思う。これから寒くなる時期にもありがたいメニューだ。

あと一歩ではあるかな「いやいや、ガッツリいきましょうよ」って仰る方には、ワンプレートランチが良いかもね。写真は「和風ハンバーグランチ」(680円)。ここでも、特産の黒米を使ったご飯が使われている。

ハンバーグは豆腐と鶏ひき肉をベースにしているのか、かなりあっさりとしたものに。そこに、とろみの付いた和風あんがかかっている。これもまた、咳喘息にはありがたいメニューとなった。

公園周辺に食事が出来る場所は無い訳では無いが、その中でこの場所を推すのは、ちょっとでも、この地の良さなり名産なりを知った方が良いと思うからである。

昼時となると混み合うようではあるが、食事の際には是非とも足を運んで貰いたいものである。尚、他のメニューや店の雰囲気などは、こちらのページをご参照あれ。

さて、先述の通り「物産館」でもあるので、ちょいとお土産を買うことに。

もうちょっとしてからかなまず、(株)みやこ飴本舗の甘酒2種(各130円)。ピンクの袋はカルシウム強化型。黄色のものは生姜入り。まだ試していないが、これからの時期にピッタリだ。館内には、おしるこや葛湯もあったぞ。

金落として良い方のキャラ次に、レストランの名前にもなった「古都見ちゃん」のシール。府中観光協会の公式キャラなんだが、以前のブログにも綴った通り、この子こそ「市の公式キャラ」だったら良かったのになぁ。

シールの中でも、府中市のPRを買って出ているところがあるので、どこぞの「ふちゅこま」とは大違いである。Twitterブログでの頑張りは評価したい。

歩き方がおかしいけどな。あと、後半から何かエラいことになっておるが…。

あと、崩れてしまったので写真は割愛するが、府中産のキウイを使ったマカロンも買ってみた。キウイって感じはそこまで強く無かったが、中々美味しかったぞ( ノ゚Д゚)

手荷物を考えて見送ったが、地場野菜も買いたかったな。昼の段階でも売り切れの品があったので、野菜がお目当ての方は、早めに寄るのが良いかと思う。

そんな訳で、郷土の森公園や、次回詳しく綴る郷土の森博物館にお立ち寄りの際は、この物産館に足を運び、食事の際には古都見カフェを利用されることを強くオススメする。

これで府中市を好きになれるかどうかは分からないが、府中市に足を運んだ「意味」ってものが深くなるんじゃないかな。

PAGE TOP