【実録】計算能力を過信し過ぎる者たち

【実録】計算能力を過信し過ぎる者たち

「ちょっと電卓借りて良いかな?」

あー、またですか…自治会で会計をするってことで、オイラの簿記用の電卓を貸すことに。以前にも自治会で会計ごとをするってことで電卓を貸したことがある。

これが実にお粗末でね。

前回ってのが自治会費の納入とその会計で、自治会館にて関係する役員総出でやったのね。今年(2016年)4月か。それで相方さんも出向いたんだが、暫くしてオイラに電話がかかって「電卓を持って来て」と。

聞けば、会計ごとだと言うのに、誰一人、電卓を持って来ていなかったと言う。しかも、スマートフォンやガラケーの電卓機能を利用するって訳でも無い。珠算や暗算の達人が居る訳でも無かった。

人生の先輩方と言うのは承知で言わせて貰いたい。オマエら何やってんだよ。その場でお金を扱って、合計も出していくって言う目的が明確なのに、それに必要な道具を用意しないとは。

自治会館に電卓は無いのかね?

その後、その電卓の取り合いになったかどうかは分からんが、作業が何とか終わり、オイラのもとに電卓が戻って来た。

で、今回は8月のこと。4ヶ月前の教訓が活かされているなら、電卓を持って来るなり、モバイル端末を電卓代わりに使うなりするだろう…とも思っていたが、やっぱり貸してくれ、と。

まぁ、今回は自治会館に出向く前に言われて貸したんだが、計算するものってのが自治会の日帰りバス旅行の料金…自治会費より金額大きいだろうがよ。ならば多少は理解出来ている筈だよな? どうだい!?

電卓持参者ゼロ!!

学習能力ゼロ? 流石にモバイル端末を持っている方はそれらで対応しようとしていたそうだが、会計の参加人数を思えば圧倒的に少なく、時間がかかるばかりだったそうな。

新規の珠算&暗算の達人も居らず。

で、結局オイラが貸した電卓が役に立つことになったそうだが、別の用事があって中座した相方さんは、担当責任者に電卓を預けたままにしていた。オイオイ、オイラも結構使うんだぞ、これ。

で、その電卓…相方さんが貸した主からの連絡は無く、そのまま数日が過ぎた。ようやく相方さんが連絡を入れて取り返した。「自治会館に置いてある」との話を受けて、だ。

一体、オイラの電卓を何だと思っているのかね?

こんなことが続くので、オイラは簿記用まで行かなくても自治会で電卓を数台買うことを自治会役員に提案した。1台1,000円もしない品は結構あるもんなぁ。あと、会計ごとには電卓持参を当然にしろとも。

そんなバス旅行が本日(2016年9月11日)開催される。オイラも勝手に参加させられたことに遺憾の意を表したい。誰得なんだ、これ。まぁ、良い思い出が出来ないのは行かずして分かり切ったことだ。

機能がどこまで良いか分からないが、近年では100円ショップでも8桁程度の計算が出来る計算機が販売されている。使う回数が少ないのであれば、こういった品を買っておくのも悪くない筈だ。

そういうことが出来ないほどの赤字財政だとは思わないんだけどね。