後を絶たぬ特殊詐欺、鬼対応で撃破したいんだが

NO IMAGE

いつまで経っても無くならないよなぁ。

引っかかったらアカンて振り込め詐欺などに代表される「特殊詐欺」。オイラが暮らすエリアでは、夕方の情報番組で詐欺被害に関する情報を流すコーナーを持つものがあるが、一向に最終回は見えないようだ。

あの手この手、知恵の使い方は多種多様に歪んで示されるのか。

で、そのコーナーで多いのが、実際に被害が出た案件を伝えるもの。報じる日の2・3日前の出来事だったりする。

でね、不思議に思うことがある。

その中でよく聞かれるのが「息子を名乗る人物から、会社の金を使い込んだとか紛失したとか言って現金を要求する」というもの。大抵は多額のお金が騙し取られているよなぁ。

オイラはね、そこですぐに「それは大変だ、お金を出してやらんとな」って思う人が多いってことに驚くんだわ。ワンクッション置いたら違うだろうにねぇ。

「アンタがやったことだからアンタが責任を持って対応しろ」とか「オマエの人生だろ、ワシを巻き込むなや」とか言い放つ親って居ないのか。

冷酷に思うかも知れんけど、実際のところそうじゃないのかね?って思ったり。もっとも、オロオロしてホイホイ出すから後を絶たない訳で。これくらい毅然とした対応が犯人撃退につながるのではないかと。

犯人グループが「弁護士が…」とか「警察が…」とか言っても「じゃ、頑張ってください」とか、つれない対応で終わらせるとかね。

そう言えば、いつだったか「(息子だったら絶対に分かる)プリキュア全員言える?」と機転を利かせて詐欺の犯人を撃退した人があったって話を聞いたなぁ。

プリキュアに限らなくてもイイんだけどね。

例えば、息子さん(時に娘さんやお孫さん、配偶者さんか)が、メンバーチェンジの激しいバンドマニアだったら「●●(バンド名)の第3期ベーシストは誰?」とか聞くのもアリだろうなぁ。

マニアックさが際立つほど、効果がありそうだ。

あと、これはつい先日の話題。警察側が詐欺の犯人の電話を鳴らしっぱなしにするという作戦が報じられていたなぁ。電話に出たら自動音声で「出頭しなさい」とか流れるそうだ。

これで出頭するかどうかは分からんが、犯人が電話をかけるのを阻止する効果が期待出来る。犯人側が電話の解約もそんなすぐには出来ないだろうし、大量に電話を準備するのも現実的では無いしね。

まぁ、やられっぱなしもマズいからね。

でも、冒頭にも綴った通り、いつまで経っても無くならない特殊詐欺。あの手この手で手口も複雑かつ巧妙になるのだろう。それを取り締まるのも、抑えるのも、あの手この手だと信じている。

PAGE TOP