五輪や高校野球の時こそ、NHKはサブチャンネルを開放すべきなのでは?

五輪や高校野球の時こそ、NHKはサブチャンネルを開放すべきなのでは?

子ども達やその保護者の方々を思うと実に辛いところかもなぁ。

2016年8月22日に閉幕した「リオデジャネイロオリンピック」…日本との時差が12時間とあって、日本では深夜・早朝も含め、午前中はその中継が入って来た。

その前日、21日には第98回全国高校野球選手権が閉幕。此方は早い開催だと8時から。試合状況によっては18時を過ぎても終わらなかった。

NHK総合とEテレは、どちらもやろうとするからなぁ。

それぞれにドラマがあるかと思うが、その中継のために多数の番組が潰されてしまい、それを楽しみにしていた方には苛立ちが大きかったものと推察出来る。

オイラもその1人で、1日だけではあったが「年中無休」を誇る6時台の『テレビ体操』が潰される危機に瀕した時には、本気でブチ切れそうになった。

9時台、14時台は見事に潰れたね。

オイラがよく見る『デザインあ 5分版』や『ピタゴラスイッチ ミニ』『コレナンデ商会』は何回潰されただろうか。お陰で相当、朝のリズムが崩れたよなぁ。

大人のオイラがそう思うのだから、子どもやその保護者にとっては怒りに変わるケースも多かっただろう。勿論、五輪や高校野球に興味を持ってくれれば、中継はプラスになるんだろうけど。

大好きなキャラに1日会えなかっただけで「裏切られた」「嫌われた」といった考えになることだってあるもんなぁ。子どもをなだめる保護者の方の苦労も目に浮かぶ。

で、思うんだよ。

地上デジタル放送が始まって随分経つ訳だが、そのお陰で「サブチャンネル」ってものが活用されるようになったよね。こう言った時にこそ何でそれを開放しないんだろう?って。

「NHK総合で放送時間が足りなくなった。じゃあEテレに回しちゃえ」ってことをやられると、そりゃ怒りもしますわ。新聞でも特に案内をせずやられるケースもあるからなぁ。

さて、オイラは大相撲が大好きで、13時から生中継を観るほどだ。13時の中継ってのが実はNHK-BS1のサブチャンネル(BS102)によるもの。だから出来ないことは無いと思っているんだわ。

15時または16時あたりでNHK総合に切り替わるが、元々あるその時間帯の番組のファンには申し訳無く思うことが結構あるんだよね。それこそ、サブチャンネルを開放して互いに観るチャンスを差し上げて、と。

たまに中継中に臨時ニュースが入って、中継が中断される時もあるが、ニュースに特に進展が無く繰り返しになりそうなら、これもサブチャンネルを活用すべき時だろ?って思う。

かつて、NHK総合の大相撲中継がEテレの『おかあさんといっしょ』を押し出したケースもあったもんなぁ。Eテレで大相撲もねぇ…観られる嬉しさはあったとしても、やはり『おかあさんといっしょ』ファンを察したよ。

今回はNHKを軸に綴ったけど、民放局もそうだと思うよ。予算が厳しいとかどうとかあったとしても、安易な切り捨て方をすれば元々付いていたファンを手放すことにもなるからね。

サブチャンネルって地上デジタル放送になったからこその強みなのにね。