「ポケモンGO」で自由研究のヒントをGETだぜ その2

NO IMAGE

繰り返し言っておく。「ポケモンGO」というゲームの研究では無い。

威勢だけは良いのだが「ポケモンGO」の「外に出て歩く」という性質を利用して、様々な発見と探求をしていくことで「自由研究」へとつなげようというのが、このテーマで展開する目的。勿論「ポケモンGO」が無くても可能だ。

いよいよ8月も折り返し。宿題が進まなくて困っている皆様のお役に立てるかどうか…。ともあれ、綴ってみないと分からないな。

さて、「ポケモンGO」でアイテムを入手する「ポケストップ」と呼ばれる場所には、商店街などが含まれている。地元の方には勿論、それ以外の方が立ち寄るケースだってある。

そこで、第2回目は社会科見学の要素も含みつつ「歴史」「現代社会」「経済」という観点から展開してみよう。

※ 実際に行う場合には、周囲の迷惑にならぬよう行動しよう。また、身の安全も確保しよう。暗い時間帯や交通量が多い場所などでは、なるべく保護者の方などと一緒に行うようにしよう。

テーマ: 「お客さんでにぎわう商店街を考えてみよう」
向かう場所: 商店街
該当教科: 社会(歴史、現代社会、経済)、算数
用意するもの: 筆記用具

1. 外観(見た目)から分かることを調べよう
● 商店街はいつからある?
(今あるお店で1番古い店と新しい店を調べておくと良い)
● 商店街は何mにわたっている?
● お店の数は?
(ここで、営業している店としていない店を数えておく)
● どんな種類のお店が営業している?
● 営業時間と店休日は?
● どんな時間帯で人通りが多いか?
(朝、昼、夕方で比べてみよう)

2. 人気のある店を探ってみよう
● お客さんが多く入っている店は何屋さん?
(3つくらい調べておくと比較しやすい)
● そのお店で人気の商品は?
(もし、金額が大きくならないようであれば、保護者の方の承諾を得て、商品を1つ買ってみよう)
● 人気商品は1日(または1ヶ月)でどれだけ売れている?
● どんなお客さんがよくやって来る?
(聞けるようであれば、店員さんに聞いてみよう)
● お客さんに来てもらうためにお店で工夫していることは?

3. 閉店になったお店を調べてみよう
● どんな種類のお店が閉まっている?
● なぜそのお店は閉まったのか?
● 商店街の近くにライバルとなる場所があるか?
(スーパーマーケット、コンビニエンスストアなど)
● この先新しいお店が入ることがあるのか?

4. 理想の商店街を考えてみよう
● ポケモンGOが配信される前と後で、お客さんの数は変わったのか?
● 営業しているお店はどんなところが多いか?
● どんなお店があれば、もっとにぎわうと思うか?
● お店の人がどんなことをすれば、お客さんは嬉しい(また来たい)と思うか?
● 今後どのような商店街になって欲しいか?
(「ポケストップです」という回答は厳禁)

…とまぁ、こんな感じでまとめるのは如何だろうか? 勿論、これらの項目に該当しないものもある可能性もあるので、臨機応変にやっていくのが良いのかな…と。新たな探求を加えるも良し。

実際に商店街で働く方やお客さんに聞いてみるのも良いが、身近な方で商店街をよく知っている方にあれこれ聞いてみるのも良いだろう。また、理想の商店街の姿を家族の方と話し合うのも有効。

前回と今回は社会をテーマに展開してみたが、次回は「図工(美術)」や「技術」の側面も加わったものとなるだろう。「ポケストップ」にはこのような場所も多いようで。

ではでは次回もお楽しみに。