純正品を使っても、プリンタや複合機ってトラブることがあるんだね

NO IMAGE

誰がどう見ても純正品。

まさかそこでつまずくとは現在、自宅で使っている複合機はブラザー製。昔からオイラはブラザーの複合機に信頼を寄せているところがございまして、この家でも独断でブラザーのものにしてみた。これが対応するカートリッジ。

しかし、先日、思いもよらぬトラブルが。

ある依頼された印刷物を完成させようと複合機を起動。すると、途中で印刷が止まった。どうやら、シアンのインクが完全に無くなり、ブラックのインクも間もなく終了という段階だった。

そこで、既に買い置きしていたシアンのカートリッジを交換することに。写真にあるのが新たに開けたもの。緑色のつまみをひねってカバーを外し、複合機本体へ。

ところが、きちんとセットしたにも関わらず、本体が全く認識しない。時に「純正品以外は保証対象外です」的なアナウンスまで流れる。じゃかぁしゃぁ、どう見ても純正品やろが。

そうこうしていると、ブラックのカートリッジも空になった。こちらもストックがあったので、交換へと。すると、こちらは難なく認識した。

今回のトラブルで考えられる原因は2つとなった。1つはシアンのカートリッジを入れる場所のトラブル。もう1つは入れようとしているシアンのカートリッジ自体のトラブルだ。

前者だったら、複合機本体を入院させることに。後者だったら、新たなカートリッジに交換することで復旧する。1人であれこれ思案していると、出先から相方さんが戻ってきた。

「すぐに家電量販店に連れてって」

後で聞くと相方さんも印刷したい物があったらしく、掻い摘んで事情を説明したら「そりゃ急げ」と。幸い、店に該当のカートリッジがあったので、1つお買い上げ。

帰宅後、買ったばかりのカートリッジを装着…お、認識したぞ。よかった、本体を入院させずに済んだ。トラブったカートリッジは何の役目も果たさず御役御免か。

今回のトラブル、思うに「互換インク」との識別のために付いているICチップだとか、本体にはまるように作られた細いプラスチック部分だとかの不良が原因じゃないかと思う。

「互換インクはトラブルの元ですよ」と言っておきながら、純正品でトラブってどうすんのよ…って気もせんでは無いな。100%不具合が出ない商品を作ること自体、無理な話かも知れないけど。

互換インクによるトラブルも過去に経験しているからなぁ。それも認識エラーだったんだけどね。「ブラックから順に詰め替える」ってな対処法もあるが、カートリッジ自体がアカンかったらどうしようもない。

いきなり本体を入院させずに済んだだけマシなのか? ブラザーに限らず、キャノンやエプソンなど、他社製品でもあり得るトラブルなので、どうかご注意を。

PAGE TOP