【検証】ルーのパッケージに書かれた「●皿分」って本当に当てになるのか?

NO IMAGE

暑すぎる時でも、一気に出来るから重宝するよね。

オイラはこの半分でも多い

カレーやハヤシライスって、煮こむ時間がかかるものの、一気に出来るから楽だよなぁ。具材も考えて作ったら冷凍保存も可能。写真は先日作った、何故か鶏もも肉のハヤシライス。

冬になれば、シチューも良いですな。

安いから買っただけと言う

で、常々思うこととして。今回はこちらのルーを使った。「8皿分」と書いてある。でも、本当に「8皿分」なんだろうか? カレーやシチューもそう。そこで、Twitter上でアンケートを取ってみた。

思いの外反響が大きく、本人が最も驚いているところ。

  • 表記よりも多い皿数になる 29%(14票)
  • 表記通りの皿数になる 16%(8票)
  • 表記よりも少ない皿数になる 22%(11票)
  • メニューによってバラバラ 33%(16票)

結構答えはバラけたな。ただ、「表記通りの皿数になる」が少なく出るようだ。「8皿分」とあって、キッカリ8皿分になるケースは少ないのかも知れない。

最近は「8皿分」って言う商品が多いので、それで考えるとして。現在のオイラの場合、カレーもハヤシもシチューも全て「表記よりも少ない皿数になる」だな。

今回のハヤシライスも結局は6皿分しか取れず、本当に8皿分なんだろうか?とも思った次第。相方さんが結構食べるからなぁ。

で、ここで注目したい点として「メニューによってバラバラ」という項目が結構選ばれていることが挙げられる。深く説明はしていなかったが、オイラとしては2つの意味が込められているように思う。

1つ目は「カレー・ハヤシ・シチュー」の中でもバラバラだということ。例えば、ハヤシだったら表記通り8皿分取れるけど、カレーだったら6皿分しか取れない…のような具合に。

先ほどオイラは「表記よりも少ない」と綴ったが、厳密に見てみると、カレーやハヤシは6皿分となることが多い一方、シチューだと4〜5皿しか取れないケースが多いのだ。少ない中でもバラつきがある。

取り上げたルー自体での差も十分に考えられますな。また、その人の食べる量や好き嫌い、アレルギーなども影響するかも知れない。

2つ目は「カレー・ハヤシ・シチュー」と共に、どんなメニューが食卓に並んでいるかによって状況がバラバラだということ。様々に品目が並ぶ中というのと、一点食いとでは違うといった具合に。

一点食いにすることで表記よりも少ない皿数になることがあるだろう。一方、何かしらの主食や主菜が並ぶ状況では、表記通りや多いなんてことも考えられる。

カレーやハヤシは一点食いもしやすいし、あれこれ並ぶ中でも食べられるからなぁ。ただ、あれこれ並んでいる物の量が多ければ、自ずと調整が入るだろうね。

ともあれ、中々面白い結果になりましたな。ご回答いただいた方には、この場でも改めて感謝。各家庭の状況もあるので「目安はこうです」と一概に言えないわなぁ。

分かりやすい名前だな

ちなみにこちらは以前買ったカレールーの箱。「10皿分」と太っ腹なところがあったが、この時は8皿分にとどまった。お得ではあったけど、表記通りにはならないもんだねぇ。

中々不思議な概念なり。

PAGE TOP