自己満足でしか無い町内会の安全パトロールに失笑

NO IMAGE

それは3日前(2016年7月24日)、日曜の夜。

馬鹿も集まりゃ強いってか

「皆様こんばんは、●●町安全パトロール隊です。先日は○○祭りに多数ご参加頂きありがとうございます。来月は●●町盆踊り大会です。奮ってご参加ください」

町内会の有志だろう、町内の防犯の確保のためにか、毎月1回「安全パトロール」を行っている。通常は夕方前後に行うが、夏の時期は夜となり、今月は上記の日程で行われた。

しかし、このセリフのどこが「安全パトロール」なんだろう。

通常、夜間に安全パトロールとなれば「戸締まりはしっかりしましょう」とか「暗い夜道に注意しましょう」とか、夜間ならではの防犯に対する注意喚起ってものがある筈だ。

食事の準備をしている世帯もあるだろうから、「コンロの火から離れないように」だって有効だろうし、電化製品を多く使う時間帯だから「電気の安全を確保しましょう」だって良いじゃん。

なのに「祭り」のことしか出てこない。

最初に出てきた祭りって正直なところ、この町内には余り関係が無いんだよね。圏域ってことにはなるにせよ、距離があるからね。だから、この時点でズコーッてなった人も多いと思う。

そこへ持ってきて、自分らの町の盆踊り大会だろ…もはや「パトロール」の体をなしていないよね。んなもん、町内の放送なり回覧板なりでやっとけや、と。ゾロゾロ歩いてそれって気味が悪い。

オイラは入浴中だったので、実際の連中を見ていないが、そんな呼びかけをしながら笑い声が聞こえたりもしたので、いくら人生の先輩方であっても下げて捉えるところがあったな。

結局は「ゾロゾロみんなで歩いた」「言いたいことは言わせてもらった」…そんな自己満足でなされているんだろうね。呆れるばかり。

「安全パトロールをやっていますよ」って言ったところでこの程度だ。一方で普段から鍵をかけない土地柄だし、知った間柄でも横窓や中庭から覗いて人を呼ぶ連中ばかりだし。

無駄行事としか言えんわなぁ。

そんな訳で、盆踊り大会のPRに使われた安全パトロール。そりゃ、盆踊り大会も迷惑千万なものになりがちだわ。気分良くは楽しめないでしょ、盆踊りの警備への不安も出る訳だし。

何か「悪しき習慣」ってのは破壊されないものですかね?

PAGE TOP