「ゆるキャラグランプリ2016」オイラはこれを推す!!

NO IMAGE

民主くん不出馬だから…こうなるわなぁ。

2016年のやっさだるマン広島県三原市の公式ゆるキャラ、「やっさだるマン」さんで決定。最初のうちは「こりゃ無いな」と思ったキャラだったが、全国区でのCMデビューを機に頭角を現すこととなった。

写真は2016年のエントリー(投票)ページより。

2016年に入り、Facebookページを開設。ここで見せる彼の姿は正に「三原市のPR担当」だ。市内の名所やイベントに限らず、市内の図書館や瞬間的に起きた出来事なども案内している。

フットワークの軽さも魅力のひとつと言えよう。

イベントの案内ひとつ取っても、いつどこで行われるかに限らず、応募方法や集合場所、必要な金額など詳細に記している。しかし、それは決して過度なものとはなっていない。

毎度感心するのも当然だな。

やっさだるマン本人の言葉で綴られているので、元々紹介されているプロフィールからの乖離は無く、伝えようという意欲が強いものとなっている。更新ペースも適度なものだ。

LINEスタンプが戦略的に当たったかどうかは分からないが、「キャラクターを決めました、はいおしまい」とはなっていないことが十分に読み取れる。勢いは十分にあるだろう。

よって、やっさだるマン一択。

で、オイラが当ブログで取り上げ、2015年のゆるキャラグランプリにも登場したキャラは、2016年も登場している模様。しかし、いずれも推す気持ちは起きないものとなっている。

中でも、東京都府中市の公式ゆるキャラ「ふちゅこま」については、相変わらず政治利用が疑われるものがあり、市のPR力は皆無。元となった狛犬がある神社の祭りにも登場しない有様。

噂では、あの着ぐるみに数十万円かかっているとも言われており、これが本当であれば、市は金のかけどころを大幅に間違えたと言える。

ホリプロ所属なのに同事務所のタレントに「一緒の事務所みたい」と言われるほど知名度・認知度が低い。監修にあたった元AKB48の河西智美さんが兎角気の毒でならない。

このキャラを推せる理由など無いような。

そこを加味すると、いよいよ「やっさだるマン」を推さざるを得ないだろうってことにオイラはなった訳で。全出馬キャラを把握するのは困難だが、知る中ではダントツの1位である。

ただ、彼が優勝するとは思わんがね。広島県内1位もどうかな? それでも「自治体公式ゆるキャラ」としては優等生であることはアピールしておきたい。

さて、ゆるキャラグランプリ2016の投票は、本日(2016年7月22日)午前10時から、同10月24日(月)午後18時までとなっている。1日1票投じられるが、事前にID登録が必要になるケースもあるのでご注意を。

参院選、都知事選…などとまぁ、政治に関わる選挙が続いているが、ほのぼのとした選挙も悪くは無いなぁ。11月5日(土)、同6日(日)の結果発表はどうなるやら。

PAGE TOP