エゴバッグにならないようなエコバッグを買ってみた

NO IMAGE

ちょっと小さめではあるんだが。

アマゾンに勝ったぞ近くのスーパーで見つけた新しいエコバッグ。同じものがAmazonにも出ているようだが、200円近く安く買うことが出来た。トルネという会社のもので、写真で見える部分は合成皮革のよう。

それだけ入れば上等か開いただけの状態を写すのは難儀なので、タグをそのまま撮影。2Lのペットボトルが約2本入るとある。耐荷重も約4kg。折りたたんで収納出来るし、バッグの取っ手などに引っ掛けるリングもある。

でも、1番に惚れ込んだところは、最初の写真で見せた合皮部分が、広げた際に底になること。重いものを入れても安定感が出るし、硬いものを入れても型崩れしにくいし。ああ便利。

どうしても軟弱になりがちなエコバッグに屈強さが出てきたようにも思える。これは実に良い買い物だった。

これも悪くは無いだろうけどこれまでは、ユニクロの商品を使っていた。今ではエコバッグを手がけていないのだろうか? 容量は今回のもの以上に大きいのだが、長く使うと軟弱さで災いする場面も。

これまたどうかいねあーあーあー。

そんな訳で買い直し…オイラにとっては、20年以上前からエコバッグは「当たり前」だと思っているので、持ち歩かない方がおかしいっていう感覚もある。

地元・広島ではレジ袋に関する協定があって、レジ袋が有料となっているスーパーが非常に多い。一時期はドラッグストアも参加していたほどだ。

今暮らしているエリアは…確かに有料のところもあるのだが、無料の店の方が多い気がする。「エコバッグを持ってきたらポイントを付けます」では、エコバッグへの意識が低くなるのも当然。

今回のエコバッグを買った店では、1ヶ月のエコバッグ協力率が50%にも満たない…報告していて恥ずかしくないのかね?とも思えるがな。

ともあれ、エコバッグは欠かせない。時々、オシャレなものにこだわり過ぎて「勿体なくて使えない」なんて意味不明なことを仰る方があるのだが、使ってこそ「エコバッグ」は生きるものだ。

今まで、1つのエコバッグが数年使えていたので、今回の品も長持ちしてほしいところ。長く使えるのも「エコ」には大事だよなぁ。