毎月26日は「プルーンの日」ですってよ

NO IMAGE

何となく、語呂で分かったりもするよ。

国産ってあるのかしらでも「ブルーベリー」では無くて「プルーン」か…一般社団法人 日本記念日協会のサイトによると、世界No.1の生産・販売量を誇るプルーンメーカーのサンスウィートの日本支社であるサンスウィート・インターナショナル日本支社が制定したとか。

プルーンの魅力の伝えて販売促進につなげることを目的とし、1年中美味しいプルーンを食べてもらいたいとの願いを込めて、毎月26日を記念日としたそうで。

プルーンね…リンゴもそうだけど、「体に良い」ってのはよく言われること。

同支社の特設サイトには「ポリフェノール」だ「ソルビトール」だ…って書かれているけど、余りあれこれ言葉が並ぶと分かりづらいってところはあるわなぁ。

まぁ、食物繊維が豊富ってこと、抗酸化物質も豊富ってこと…ってことを頭に置いておけば、「あ、腸に良いのかな?」とか「疲れやよどみが取れるのかな?」とか思うところだろうかね。

ちなみに、同サイトでは鉄分への言及が余り見られなかった…全く無いとは言わないが、突出もしていないってことなんだろうか?

そんなプルーン、思い起こせば母親が存命だった頃、ドライフルーツとしてのプルーンを酢に漬けたものが食卓に並んだ時期があった。どこで聞いて、何のためにしていたのか分からないが。

味は…チト首をひねるところがあったな。ただ、酢に漬けることで、外皮が柔らかくなって噛みやすかったのは良かったのかな。その後、食卓に並ばなくなり、母親も他界したことで、完全に闇に葬られたメニューとなった。

プルーンは…物凄く好きって訳では無い。「出されたら食べる」位の位置付け。ドライでも生でもそうだなぁ。そんなこともあって、自主的には買わないもののひとつとなっている。

「ミキプルーン」とか…あれもなぁ、アムウェイとかニュースキンとかドテラとかと同じニオイが。NHKの『サラメシ』における中井貴一さんは良い味を出していると思うけどな…あのCMとなると…。

閑話休題。

スーパーの果物コーナーでも、そんなに多く並ぶ訳でも無いプルーン。雨が少ない地方でないと栽培が難しいとのこと。日本では、長野県で全体の7割を生産しているそうだ。他にも、青森県、北海道辺りが主産地になるようで。

早生品種なら7月中旬から、その後、晩生種だと10月中旬までは生のプルーンを美味しく楽しめるそうだ。夏の暑い盛りがプルーンの1番美味しい時期ってことか。こちらのサイトが参考になろう。

日本では、まだまだメジャーとも言えないようなプルーン。美味しい状態を納得のいく形で賞味したいものだ。プルーンがメジャーになる日は来るのか!?

【地味な記念日カレンダー】
他にもこんな日があるよ。

1日
資格チャレンジの日
2日3日
くるみパンの日
4日
みたらしだんごの日 ※ 3日と5日も 
5日6日
手巻きロールケーキの日
7日
生パスタの日
※ 8日も
8日
信州地酒で乾杯の日
9日
パソコン検定の日
10日
Windows10の日
11日
おかあちゃん同盟の日
12日
育児の日
13日
お父さんの日
14日
15日16日
トロの日
17日
国産なす消費拡大の日
18日
防犯の日
19日
松坂牛の日
20日
発芽野菜の日
21日
お部屋カスタマイズの日
22日
カニカマの日 ※ 6月のみ「かにの日」
23日
不眠の日
24日
削り節の日
25日
プリンの日
26日
プルーンの日
27日
28日
29日
Piknikの日
30日
EPAの日
31日
菜の日