もしもオイラがMacを手にすることになったなら ~まさかのiPhoneデビューってか!?~

NO IMAGE

実は、これに限っては惹かれるところがあったのよね。

オーバースペックかも知れんがなiPhone SEのSIMフリー版は何度か購入を検討したんだよなぁ。4インチとは言うものの、どうにか頑張れば手が届く金額だったのでね。Androidでも、それ位のお値段の機種は普通にあったりするからねぇ。

周囲の新旧iPhoneユーザーに語っていただくと、「持ち運びがしやすい」、「入力が賢い」、「無駄が無い」などのメリットが挙がってくる。入力で言うと「半夏厚朴湯」が「はんげこ」の時点で一発で候補に挙がったのには驚いたものだ。

一方で、「外部メモリが使えない」、「修理や交換になった時が心配」、「何か持て余しているところがある」などと言ったデメリットも聞かれた。「何か持て余す」ってのは、オイラも想像出来るところがあった。

オイラがこれまでiPhoneを使わなかった理由ってのがそれだ。いざ商品を持って、やることがTwitterだFacebookだLINEだ…でおしまいだったら、無理にiPhoneで無くても良くね?ってなる訳だ。

4Kで撮影が…とか言わないのであれば、余計にそう思える。更に、普段使っているPCがMacで無かったら、連携機能とかが使えないなど、何か勿体無いなぁってこともある訳で。単独でも十分に良い品なのは分かるけど。

キャリアで販売するiPhoneなら、サポートが充実しているとか、面倒な設定が要らないとかがあるんだろう…過去には購入にあたっての優遇もあったか。

そんな中、これからMac導入を考えるにあたって、iPhoneをモバイル端末の選択肢に加えるのは決して悪いことでも無くなって来るかもね。むしろ、加えない方が悪いのか!?

完璧に使いこなせるまでは行かないにせよ、使い道が広がるってのは想像が付く。

同じメーカーで揃えることで、物事の一本化も図れるだろう。勿論、Googleアカウントで物事を動かすのも同様のことかも知れないけど、個人的には安心感とかが違うように思えたり。

まぁ、あくまで「独断と偏見」による意見なので、実際にはどう出るか分からないところもあるのだが…それでも今だったらiPhone導入に踏み切っても良さそうな点が多く挙がるかな。

ただ、過去のオイラの使用端末を振り返ると、INFOBAR A01がiPhone SEに近いサイズではあるものの、あとはNexus7(2012)、Zenfone5、Ascend Mate7とまぁ、大型機種ばかりだもんなぁ。4インチに戻るのはどう出るか?

じゃあ、iPadも考えてみるか? それは次回に回すとして、果たしてどうなるやら。