もしもオイラがMacを手にすることになったなら ~ノートはProかAirかってことだわな~

NO IMAGE

ASUSは悪くない、Microsoftが悪いんだ!!

何でも略すりゃエェってもんじゃないなWindows10を巡る、あの体たらくに辟易する一方。希望しないのにアップグレードをほぼ強制的に仕掛け、此方が阻止しようものなら、あの手この手でゾンビの如く復活させる能力を発揮…もっと良い方向で生かされないものか。

そんなこともあって、早々と「次期PCはMacにする」と宣言しているオイラ。しかし、この先も何度か言うつもりでもあるが、お高いのがネックなのよね。ある程度の準備金も必要と言うか。それで中々進まないところもある。

でも、準備期間が必要となると、あれやこれや「良い方向」に考える時間も出来るってものだ。何の機能が必要か、どれだけの予算で行けるか…結構、頭いっぱいになる反面、この段階を楽しむオイラもある訳だ。

そんな訳で、次期PCを本格的に考えましょか。

現在使っているASUSのノートは、K53Sという型番…大体、この商品と一致するのかな。2012年のちょうど今頃に買った品だけど、メモリが8GBと当時にしてはガッツリ積まれたものでして。某家電量販店のオープン記念で6万円ほど。

余談だけど、当時は「アスース」とか「エイサス」とか言われていたんだよねぇ。この年の11月に「エイスース」が会社の正式名称となった。オイラのASUSデビューの品でもあり、以後「ASUSはネ申」と何度言ったことか。

画面は15.6インチのワイドで、重さは2.6kgほどだろう。ノートにしては大きい部類だろうねぇ。ただ、ノートだからこその便利さには大いにあやかっていた。それもあって、次期PCもノートにしようって考えている。

で、Macでノートとなると、現時点(2016年6月20日)では”MacBook”、”MacBook Pro”、”MacBook Air”となる。でも”MacBook”は対象からすぐに外れる。画面のサイズが12インチで小さいんだよなぁ。

勿論、”Air”の11インチも対象から外れる。そうなると「気張って”Pro”の15インチが1番」…ってなるんだけど、予算的にかなり厳しい。結局、13インチが妥協点になるかな。

で、”Pro”と”Air”の仕様を見ると、どちらも標準でメモリが8GBとなっている。オイラのASUSのと一緒だ。ASUSと比べてストレージの量が弱く見えるが、補完出来る要素はあるので、極端に少量で無ければ大丈夫かな。

でも、どちらにせよ、ASUSの2倍以上の金額になるわね。それを許容出来る要素があってのことだと思いたい。仕事量を取れば”Pro”、軽さと速さを取れば”Air”かなぁ。

で、ここまでご覧いただいて、こんな疑問を思い浮かべた方もあるだろう。「ASUSが良いのなら、MacにせずChromebookで良いじゃん」って。実はそうは行かない理由があったのよね。これについては次回のブログにて。

PAGE TOP