毎月10日は「Windows10の日」…だと!?

NO IMAGE

その前に、またしてもムカついた出来事を綴らせていただこう。

何の対処もしないのも悪いブレブレで、かつ、スマフォでサッと撮影したもので申し訳無い。これは相方さんのデスクトップPCの画面。5月18日(水)だったかな、所用でオイラがPCを立ち上げたところ、こんなポップアップが出たのだ。

Windows10はこのPCで推奨される更新プログラムです。
Windows Updateの設定に基づき、このPCは次の予定でアップグレードされます。
5月21日土曜日 23:00

はぁ? 何を言ってけつかる!? 相方さんがどんな設定にしていたかまでは把握していないものの、Windows10が嫌で、仕事にも支障をきたすから同8.1を買ったばかりというところだったので、何をしやがるんだ?って話になった訳だ。

オイラがすぐさま設定を変更して、21日も含めたアップグレードは回避した。本日(2016年6月10日)現在、その設定は生きているようだ。これで放置していたら、22日の朝起きたら突然Windows10が…ってことになっていた訳だ。

この現象、オイラのノートPCには起きていない…ガチガチの設定にしたのが今のところ効いているのだろう。しかし、この時期から「許せない」「無断アップグレード」「不買」などと言った言葉と共に、Windows10関連記事へのアクセスが増えている。

全国的に起こっているのね、これ。

Windows10が登場した2015年7月から酷評の嵐…「希望の方にアップグレード」と言っていたのが、希望しない者にも勝手にアップグレードを仕掛けると言うMicrosoftの悪どさ。時が経つごとにその悪質さは顕著になる。

ある時は「Windows10への重要な更新があります。確認しますか?」みたいなポップアップが出て、見ると回答は「インストール」か「閉じる」の2択と言う、何って言ったか分かってんの?ってな対応も見られたからなぁ。ホント、フザケている。

オイラもね、必要になればWindows10のPCを買うつもりで居たのよ。でも、こんな対応をされたら、Windows10の質云々の前に、Microsoftに嫌気がさすのも当然だ。

懸案だった「WordやExcelの代替」は、現状ではGoogleドキュメントや同スプレッドシートで対応出来ることも確認済。大きな出費があったので、すぐにとは行かないが、Macへの乗り換えも問題無く行けそうだ。

ちなみに、無償アップグレードは2016年7月28日(木)。そして、Windows10のサポート期限は、特に何も無ければ2025年10月14日(火)とのこと。ようやく表題のアレだが、そんなもん記念日にするなよって話だ。

2026年には、どうするつもりなんだろうね?

Windowsを手放すことで唯一困るのは、以前買ったフォントの内、1種類が使えなくなるんだよなぁ。Mac非対応ってことで。それを使って作った資料は、今のうちにPDF化しないとなぁ。

そんな訳でWindows10は、オイラには無縁…ぃゃ、絶縁要素になったと言えるだろう。

【地味な記念日カレンダー】
他にもこんな日があるよ。

1日
資格チャレンジの日
2日3日
くるみパンの日
4日
みたらしだんごの日 ※ 3日と5日も 
5日6日
手巻きロールケーキの日
7日
生パスタの日
※ 8日も
8日
信州地酒で乾杯の日
9日
パソコン検定の日
10日
Windows10の日
11日
おかあちゃん同盟の日
12日
育児の日
13日
お父さんの日
14日
15日16日
トロの日
17日
国産なす消費拡大の日
18日
防犯の日
19日
松坂牛の日
20日
発芽野菜の日
21日
お部屋カスタマイズの日
22日
カニカマの日 ※ 6月のみ「かにの日」
23日
不眠の日
24日
削り節の日
25日
プリンの日
26日
プルーンの日
27日
28日
29日
Piknikの日
30日
EPAの日
31日
菜の日