寝る前に「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」を付けてみた結果

寝る前に「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」を付けてみた結果

思いがけずに買った品。

今ご覧いただいてお分かりかと思うが、オイラはブログをはじめとして、パソコンやスマートフォン作業が多いもので…そうなると、目も肩も疲れるのですよ。そんな中でたまたま見つけたのが本日ご紹介の品。

花王から出ている「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」…本日(2016年6月7日)の時点で5種類が販売されている。これらに加え、アイマスクを外した後はメントールの力でスーッとするタイプの品もある。

で、今回は「咲きたてローズの香り」をお買い上げ。この時寄ったドラッグストアでは、何故かこの商品だけが半額の扱いに。折角なので2箱(都合28枚分)お買い上げ。

目元からローズの香りって…正直どうなんでしょ?

その日の夜、早速1つ試すことに。「目薬を使った時は時間を置いてから」とのことだったので、それに従おうとしたら、普通に寝る時間になった。普段から寝付くのに10分以上はかかるので、その間にやるか…ってことで装着。

結論: 10分かからず就寝

そう、気がついたら寝てしまい、目が覚めたらアイマスクが近くに転がっておりまして。目元が割と楽になっていたので、すぐに取り外したとかは無いと思うが…いやはやビックリした。

そもそも「アイマスク」なので、目を閉じて使う訳だ。視覚情報は遮断される。そこに、目元とは言えど、ローズの香りがする。んでもって温かい感覚がある…それで寝てしまったんだな。

これは、初回に限らずでして、3回に2回の割合で発生しているな。ちなみに、相方さんにも1つ提供したのだが、やっぱり気がついたら寝ていたと言う状況。もっとも、あの方は元々すぐに寝られる体質ではあるのだが。

で、装着時に気をつけたいのが「涙」…多分「目薬」への言及もこれが一員かも知れないけど、水分に反応すると思った以上に熱くなるようで…あくびは派手にやらぬように。

しかし、すぐに寝付けるのはありがたいのだが、変な時間に目覚めるのは相変わらずなところ。6時頃に起きれば良いのに、目が覚めれば4時とか5時とかだもん。それより前にってのもザラ。

そもそも「睡眠改善」を期待するものでは無いけどね。

現在、2箱目に突入。次をどうするか検討中。元々苦手なラベンダーは避けるとして、カモミールや柚子もどうなんだろう? 無香料で同様の効果があったとすれば、香りは大して重要じゃないってことになるわな。

まぁ、疲れ目要因を無くすことも大事だよなぁ。どこまでパソコンやスマートフォンへの依存を断ち切れるか?ってことでもあるかもね。

PAGE TOP