タニタ食堂 vs. 女子栄養大学栄養クリニック 美味しい即席味噌汁はどっちだ!?

NO IMAGE

実際に出向くのは大変だよね。

ここまでの贅沢は無かろういくら健康を意識したものだと言っても、その場所に出向いて通い続けて…ってのは。今回ご紹介の品は、そこでのノウハウを活かしたもの。果たしてどうなんだろうね…って、写真のような贅沢さは期待されぬように。

シャータニって何か許せんのよまずはこちら。ダイエットや高血圧対策などでも話題になっている「タニタ食堂」が監修した味噌汁で、マルコメ味噌が販売している。同社では、味噌汁の他、味噌そのものや食堂メニューを再現した調味料など、コラボシリーズで展開している。

ちなみに、6食入りの味噌汁は2種類あるのだが、うち1種類はオイラの天敵「油揚げ」が入っているため挑戦せず。今回は「野菜」と「きのこ」が入った、こちらのお品をば。

どうしても沈んでしまうのね「野菜」はこんな感じ。

何か寂しくないか?「きのこ」はこう。

どちらも共通していたのは、「出汁をしっかりきかせる」ことだったな。商品ページを見ても、「かつお・昆布・にぼしだしを加え」とあり、風味はかなり豊かだなと思う。どちらもカロリーが20kcal台と低く、食塩相当量も1.0gほど。

残念だったのは、具材が少ないって印象があったこと。特に「きのこ」は、舞茸と椎茸を使っているとあるのに、舞茸らしきものを感じられぬまま終わっていった。それ故、ゴマの量が多いなと思った訳で。

これは正直知らんかった一方、ひかり味噌では、女子栄養大学内にある「女子栄養大学 栄養クリニック」が監修した味噌汁を販売している。こちらでは味噌汁の他、味噌そのものや即席スープなど、コラボシリーズで展開している。

ちなみに、栄養クリニックには食堂が無いものの、一般の方や、栄養士・管理栄養士の方向けの講座を行い、栄養相談や食育指導なども含まれている。正しい食生活を学ぶ「ヘルシーダイエットコース」もあるのだとか。

やっぱり沈むんだよなぁこちらにも「彩り野菜」あり。

何か凄い取り合わせそして「ネバネバ野菜と海藻」なるものも。

こちらは、「食感の良さ」が際立っていた。「彩り野菜」は具材が多く、噛みごたえもある。「ネバネバ野菜と海藻」も、海藻やオクラから来る粘り気が特徴的。

難点は、「彩り野菜」のカロリーの高さ。「ネバネバ野菜と海藻」は31kcalで収まるのだが、「彩り野菜」は何と51kcal…タニタ食堂のものを2杯飲んでほぼトントン。具材の多さ故の難点だろうかね。減塩は叶っているんだけど。

まぁ、何かを削減しようとすると、ちょっとした弊害が出るのかも知れないね。それでもよく頑張っていると思うよ。監修元もだし、それを再現した企業側もそう。

1番良かったのは…うーん、タニタ食堂の出汁が聞いた味噌に、女子栄養大学栄養クリニックの彩り野菜の具材を足すのがベストか…うん、既に回答としておかしい。

ともあれ、どちらも試して損は無いかなとは思う。目先が変わったものを食べたい方、健康志向の方、話題性の高いものに乗っかりたい方にはオススメだな。