八百屋提唱「めんつゆ最強調味料説」

NO IMAGE

あの八百屋は凄いわ。

何だかユルくやっとりやすかつて、どんな野菜でも「ベーコンと炒めると美味しい」と力説された八百屋にて。そこから「ベーコン最強食材説」ってのが浮上したのだが、この八百屋の別の店員(ご主人?)から、新たな説も浮上したのである。

んふんふんふこの日は何故か、なめこが叩き売り状態だった。1袋に100g入っているのだが、3袋で100円(税抜: 以下同)だと言うのだ。オイラはなめこって苦手だし買ったことも無かったのだが、ご主人がオイラを見るなりこう話してきた。

「なめこはね、洗ってぬめりを取ったら、めんつゆで煮るといいよ。1週間持つから。めんつゆは便利」

ほほぉ、正直ね、なめこの調理のし方って、よく分からなかったんだ。味噌汁が良さそうかな?位にしか思っていなかったので。普段買わないとは言え、3袋100円は滅多に無い値段とは感じ取れたので、お買い上げ。

モロにニンニクやでそして次に、行者(ぎょうじゃ)ニンニクを勧められた。名前は聞いたことがあるが初めて見る代物だ。そりゃそうだ、主に北海道で僅かな期間に売られるそうだし。これは「ベーコン最強食材説」を唱えた店員(奥様?)が猛アピール。

しかし、ご主人も負けていない。何と試食用に炒めた行者ニンニクを用意しており、オイラもいただくことに。結構ニオイはキツいが、意外と美味しかったし、弱々になったオイラの体力を取り戻すには必要な気がしてお買い上げ。

1袋250円だったのが、特別に2袋300円での大サーヴィスに。今思えば、あの試食も「醤油炒め」とは言っていたものの、若干の「出汁」の風味もあったような。

で、レジに行こうとしたら、今度はご主人、フキを勧めて来た。

「これ(フキ)こそ、めんつゆに漬け込むと保存がきくんだよ。手軽だしね」

ゴメン、オイラ、フキが苦手なんだよ。どう調理してもダメなもんで。結局、フキは買わずに、お会計へと。でも、ご主人の言わんとしていることは、もう分かったよな。

「野菜の味付けにはめんつゆが最強」

ゃ、そうでしょ、調理法は兎も角、めんつゆ以外の材料が見えて来ないんだもん。まぁ、色々な調味料と出汁を合わせて出来たのが「めんつゆ」だもんなぁ。あれこれ考える必要が無いと言えば無い。

しかしだ、オイラ、めんつゆってものを余り認めていないんだわ。一人暮らしをしていると、醤油が中々減らないこともあって、めんつゆはオイラなりの調合で何とかしていたんだわ。今は相方さんが買って来るが、オイラが使うことはほぼ無い。

結局、なめこは味噌汁やバター醤油炒めに、行者ニンニクは焼き肉のタレでササッと調理してもうた。でも、それぞれ美味しかったぞ。

そう言えば思い出した。行者ニンニクを買う際、奥様からこう言われたんだ。

「これね、豚肉と炒めると美味しいし元気出る」

ぉ、これは、あの説の裏付けになるじゃないか!! ならば聞こう。「豚肉なら…ベーコンとかでもイケそうですね?」

「そ、そうなのよ、ベーコンと炒めても美味しいよ!!」

こっちから先手を打ったけど、ベーコン最強食材説は崩れていなかった。

PAGE TOP