100円ショップの「折りたたみハンガー」は長旅のお供になるぞ

100円ショップの「折りたたみハンガー」は長旅のお供になるぞ

旅先では、コインランドリーをフルに使えるとは限らない。

2016年3月の旅で泊まったホテルの内、最後のところはコインランドリーの数が少なく、しかも早い時間から乾燥機が使われるケースもあった。3日分の服しか持って出なかったもんだから、こいつは困った…って訳で急きょお買い上げ。

今回は、Seria(セリア)にて、折りたたみハンガーを発見。2個組で100円(税抜)。この写真が広げた状態で、その上の写真はたたんだ状態。これが2つあったもので、2つともお買い上げ。都合、ハンガーを4個手に入れた。

荷物との相談になるとは思うけど、長旅をする上で、ハンガーや洗濯ヒモなどはあった方が良さそうだ。今回のホテルは壁付けで洗濯ヒモが設置されていたので、ハンガーの方を優先させた。

余談だが、CanDo(キャンドゥ)でも折りたたみハンガーを発見。こちらも2個組。これとは別に1個で100円(税抜)のものもあったが、作りが華奢過ぎる感じがしたので、2個組をお買い上げ。Seriaの品同様に使えるぞ。

そうなると、DAISO(ダイソー)でも取り扱いがあっても良さそうだと思う。実際のところ、どうだろうか。あった場合には、使い比べも悪くなかろう。

「折りたたみ」と言って良いかはアレだけど、ダイコクドラッグ内の100円ショップには、こんな品があった。小物を干すのに丁度良い形状で、洗濯バサミで止める箇所と、クリップ状になった箇所の組み合わせで効率よく干せる。

ちなみに、ダイコクドラッグ内の100円ショップは「税込100円」である。

さてさて、今回は幸いにも浴室のシャワーカーテンが天井付けでは無かったので、ポールを利用して、あれこれセッティング。換気扇の威力が強いようで、乾燥機にかけられなかった洗濯物も無事に乾かすことが出来た。

乾燥機が使えないことで、洗濯機の代金だけで済んでお財布的にも良かったと言えるかもね。ただ、手持ちのハンガーの数は圧倒的に少なかったので、部屋の備品のものも使わせていただいたりなんぞ。

折りたたみハンガー…あれば、あと3・4個は欲しいところ。洗濯用でも欲しいところだし、ホテルや旅館での貸し出し分を補う面でもそうだろうなぁ。

さて、今回の旅で1番困ったのが着るもの。初日・2日目が猛烈に寒い一方で、それ以降はグングン気温が上がると聞いていたので、何を持って行こうかと悩んだものだ。結局、貼るカイロを使って、割と薄手にしたつもり。

でも、重ね着も多かったから、洗濯物の量もそれなりにあった。2日に1回ってペースでもあったし。なので、干す時はかなり頭をひねる状況に。うん、やっぱり洗濯物を干すためのグッズは大事。

次回の旅がいつになるか…と言うか、長旅自体があるのかね?ってところもあるのだが、旅の必需品として折りたたみハンガーを持っておくことにしよう。勿論、普段の生活でも役立つものだから、上手く活用しつつ…だね。