2016.03.22 銀河鉄道999は一路、東へ

NO IMAGE

あー、旅も終わっちゃうのね。

何か代わり映えがしないような結局、フルーツグラノーラとスープとビネガードリンクの流れに戻った…何なんだろうね、この不調ってのは。飲み込みの悪さは何の前兆なんだろうか?

ひと通り食べて、部屋に戻り、自宅に送る荷物を郵便局へ。途中でホテルが変わったことで本局が近くなり、いわゆる「ゆうゆう窓口」で手続きを完了させた。まだ8時になっていなかったと思うけど。

それから部屋に戻って荷物整理も最終段階に。事前に送った荷物もあるし、壊れた傘や古くなった服などホテルで処分をお願いしたものもあるしで、手元の荷物は大阪や広島入りした時よりも随分と少なくなっていた。

ただ、15.6インチのノートPCがあるので、まあまあ重かったか。時期未定だが、Macbook Proへの乗り換えも考えているし、それが難しかったら、旅用にChromebookを買ってみるのもアリかもなぁ。

路面電車で広島駅に向かい、弁当を買ってから新幹線ホームへ。2015年12月の旅の際は、この時点で涙が止まらなかったのだが、今回は割と平気で居られた。

それもその筈。2015年3月10日から行なわれていた「山陽新幹線開業40周年記念キャンペーン」のグランドフィナーレとして、新幹線の発車予告音がゴダイゴの『銀河鉄道999』に変わっていたのだ。ゴダイゴ好きだもんなぁ。

それが待ち時間にどこからか流れている状況で…寂しさよりもテンションが上がる気がしたなぁ。尚、この曲は広島駅の他、新神戸駅、岡山駅、小倉駅、博多駅でも採用されているそうだ。

そうこうしていると、オイラが乗る新幹線もやって来た。あー、名残惜しいが、今回は気分良く旅立てそうだ。旅で行った先々に近い駅を通り過ぎるたびに、そこで出会った方々への感謝の念も湧き上がる。

店では籠盛りなんですだよ今回の弁当、つまり広島最後の食事は、「むさし」の花篭むすび。旅の途中でうどんはいただいたが、今回は弁当ね。うどんをいただいた際、俵むすびも食べられたので大丈夫かと踏んだ訳で。

残念ながら見事に喉に引っ掛けたが。

量としてはこれで十分だし、美味しいには美味しいんだが、一部で辛いメニューがあったりして、それも多少の格闘となってしまった。若鶏むすびを食べられるようになる日はやって来るのか!?

そんなこんなで新幹線は一路、東へ。目的地に着き、在来線に乗り換えで、相方さんが待つ駅のロータリーへと。車で自宅まで送り届けられ、はい、お疲れ山でした、と。

前回の旅では、帰ってきて早々に失望感に包まれる発言のオンパレードで鬱々としてしまったが、今回は…発言の面では無いにせよ、翌日に咳喘息再発で低調に。その後もあれこれ言い争いもあったしなぁ。

まぁ、先日も綴ったが、オイラの本職が何か?ってのを再確認出来た旅でもあったので、そこを揺るぎないものにしたいとは考えている。そのために必要なこともあれこれ出てきているし…それを何としても。

そんな訳で、日ごとの旅の回想録はここまで。次回の旅はいつになるだろうね? そして、明日と明後日は、前回も波紋を呼んだあの企画と旅で発見したお役立ちグッズを綴ることにしよう。