続・シール式の切手って何かと便利だよね

続・シール式の切手って何かと便利だよね

時期的にはアレだが、凄い切手を見つけたぞ。

「星の物語」シリーズの第2集で、イラストにもある通り「秋」がテーマになっている。このシリーズは82円切手限定のようだ。12星座のうち、てんびん座、さそり座、いて座が3枚ずつ、そして満月が1枚の計10枚組である。

以前、シール式の切手を取り上げた際、偽造防止などの観点から少し写真を加工したのだが、今回は敢えて加工せずに投稿。多分、この状態からの偽造は難しいと思うよ。

理由は簡単、部分的にホログラムになっているからだ。

星座のものは、星の部分と”Nippon”の文字がホログラムとなっている。満月はそれそのものがホログラム。角度や光の加減で見え方が変わる。この美しさは実際に商品を手にした方が分かると思う。

満月はクレーターの部分までこだわってデザインされており、より本物に近い印象がある。10枚に1つしか無いのも、その荘厳さを物語るかのよう。

相方さんの仕事場近くの郵便局で奇跡的に発見。そこでの仕事で大量に切手が必要だったので、意を決して10セットお買い上げ。そりゃ局員さんもビックリだっただろう。2016年3月4日時点では切手SHOPにも無い品だ。

ってか、既に第3集まで出て、売り切れになっているんだがね。

この切手を見た、または、実際に貼った封筒を受け取った方には好評のようで、オイラも個人的に欲しいデザインでもある。額面が分かるとは言え、プレゼントにも悪くないだろう。

記念品でもあるようで「消えものギフト」だったりもするか。

さて、シール式の切手は扱いとしては「記念切手(特殊切手)」。しかし、通常の切手には無いデザイン性や使いやすさも手伝って、人気が高いのだそう。

実際、今回の切手を買った際に対応してくれた局員さんも「大量使いに便利」と話していた。以前も綴った通り、難点を挙げるならば、台紙部分がゴミになってしまうことか。

シリーズによっては、星や花などの形の切手もあって、切手らしからぬ印象のものもある。ただ、目先を変えたり、季節感を楽しんだりするのには良いかもね。大人が唸るデザインもあれば、子どもが欲しがるデザインもある。

ただ、限定数があるので、人気のものは早く無くなるそうだ。

通常の切手までもがシール式になって欲しいとは思わない。上述の通り、ゴミが多く出てしまうし、1枚だけ欲しい時などには対応しづらいからだ。それでも、シール式切手の良さを知ってしまうと、戻ることは難しいよなぁ。

切手SHOPでのシール式切手の販売は、2017年10月16日(月)をもって終了。同17日(火)以降は、郵便局のネットショップで販売している。場所や店舗名は変われど、ネット上で買えるのはありがたい。

郵便料金の値上げが相次ぎ、EメールやSNSでのやり取りが普及している中でも、シール式切手の人気は続いている。もはや「特殊切手」では無いかも知れないなぁ。

PAGE TOP