東京-広島間 1泊2日 弾丸ツアーに出たもので ~後編~

NO IMAGE

11月の話だけど、聞く?

絶景かな、絶景かな弾丸ツアーの宿泊地は、何と「リーガロイヤルホテル広島」だった。上階のうるささは昨日綴ったとおりだが、やっぱり格式とか違うわな。朝にはこんな眺めも。建物もだがお値段も高かっただろう。

今はどこが運営していると?ただ、リーガロイヤルホテルが広島一高い建物か?と言いますと、それは違う訳で。八丁堀のアーバンビューグランドタワーがそれを遥かに超える高さだ。リーガロイヤルホテルからも見える。

穴場だが行く価値はあるアンデルセンで朝食をとった後、近くの袋町(ふくろまち)小学校平和資料館へと。原爆の足跡を見ようとする際、どうしても原爆ドームや平和記念資料館へと行きがちだが、こちらも中々考えさせられるところがあった。

本当は開館前だったのだが、管理をしている方(写真向かって右側にも写っている)が「どうぞどうぞ」と声をかけてくださったので、そのまま館内へ。消息を伝えるために階段に細かくメモした痕跡などが生き資料として残っている。

これは平和記念資料館では見られないかもね。

管理の方に案内され、あれこれと話を伺う。この方も被爆2世なのだそうだ。ご両親がいかに原爆の被害から免れたかを聞いた際、奇跡とも運命とも言える「重さ」を痛感した次第だ。

あれこれと中心地化したよなホテルに戻り、チェックアウトを済ませたら、もう1つの資料館へと。こちらは本川(ほんかわ)小学校。原爆ドームの西側にあり、原爆の日にはここからTV中継が入ることもあった。

そこは小学校の時間の流れただ、ご覧の通り、日曜日は休館。ちと残念でしたな。

まぁ、でも「原爆」について学ぶ上では、これらの資料館も知っておく必要があるかもしれないね。最近では修学旅行生も班行動でこういった資料館を巡ることも多いのだとか。

その後、昼食を食べ、広島駅に戻り、新幹線で帰路へと。

あー、弾丸ツアーともなると、かなりの消化不良感があるね。地元に戻ったとは言えど、何だか休まらないと言うか。じっくり腰を据えて見るには、それ相応の時間は必要だね。

そんな訳で2015年12月4日(金)、広島再上陸。

ヤバいだろ、コイツ広島駅では、何故か「くえどん」なる、南紀白浜のゆるキャラに出迎えられてしまったが、やはり、慣れた場所を1人で歩くのは気が楽ね。暫しの間、広島滞在を楽しむか。本音を言うと、戻る気は無いのだが…。

PAGE TOP