史上最低・意味不明過ぎるすき焼きパーティーにて

NO IMAGE

先月下旬、とある方々と「すき焼きパーティー」を行なった。

意味分かんねーよオイラね…すき焼き嫌いなのよ。だし、誘った方も嫌い。他のメンツも…なぁ。だから、本当に本当に出たく無かったんだよ。でも出ざるを得なくなって出た…当然ながら面白く無かったな。

この会は本来なら9月に開催される予定だった。しかし、共通の知人の葬儀が重なって10月に流れ、その時はオイラが体調不良を起こして11月に流れた。ってか、オイラ抜きでも十分成立するのに、ありがた迷惑この上無い。

「ゃ、パーティーって羨ましいし、すき焼きなんてそうそう食べられるもんじゃ無いのに何で?」と思われる方もあるだろう。ここには物凄いウラが隠されていたのだ。

今回誘った方ってのが相方さんの知人で80歳代の男性。相方さんの仕事場の大家さん夫婦も交え、しきりに「すき焼き食べたい」と言っていた。大家さん夫婦も人は良いが、この話には若干苦笑いだった。

しかし、この男性、肉が大嫌いなのである。しかも、生卵も嫌いと言う。じゃあ、すき焼きの何を食べるんだ?って話になる。ネギや白滝などを食べたいなら寄せ鍋で良かろうに。でも頑として「すき焼き」と譲らない。

「すき焼き」を全く知らない訳では無いらしいが…。

あと、この男性、普段は18時に寝るって言うんだよな。それなのに「夜に会をやろう」と…じゃあ時間を早めないといけないのか?と思ったら、そこも譲らなかった。まぁ、イイんだか悪いんだか。半ば「好きにしろ」って感でもある。

で、その方、オイラたち、大家さん夫婦で手分けして具材や鍋を持って来ることになったが、9月・10月と流れている時点で話がグダグダになっており、オイラたちが用意する筈の鍋を当日、主催者が持ってきた次第だ。

ここから暫し、お食事中の方ゴメンナサイ。

で、この時オイラは昼食中。鍋とコンロを持ってきたと、ガサガサやっている。こんな中で昼食が食べられる訳がない。そこへ持ってきてタバコをふかされ、鼻をかんだティッシュでツバつけながらカセットコンロの掃除を始めだし…。

この時点で怒りは頂点に達した。「掃除なら私がしますから」と作業を中断させ、その方が一時帰宅してから全部こちらで掃除をば。余計な仕事が増えた上に昼食が一気に不味くなった。

その後、大家さん夫婦に聞いてみると、会がこの日になったことを知らなかったらしく、「だったら野菜とか買ってくるし、ご飯もこれから炊くからね」…あぁ、余計な手間をかけさせてしまった。人が良いとは言え謝り倒しなのは言うまでもない。

何だかんだで18時過ぎ…どうにか「すき焼き会」がとり行われたが、「あれっ、もう1人来る筈だけどな…」と主催者。どうやら、オイラや大家さん夫婦が知らない間にもう1人誘っていたようだ…が、結局来なかった。

何か知らんが好き勝手にやっていた主催者だが天罰が下ったか、大家さん夫婦が気を利かせて生卵を割り、肉もそこそこ入れられておった。ご夫婦にその気は無いにせよ、言ったからには責任取れよって感じで内心笑っておった。

まぁ、でも元々気乗りしない会だったので、ただただしんどいだけだった。こういう会はするなと相方さんにも釘を刺し、主催者にも、するならするで話をしっかり固めて全員に伝えた上でしましょうねとも言った。

今後、こんなことに巻き込まれるのは勘弁してほしい。

PAGE TOP