「ザクトクール」は愛煙家のマストアイテムになり得るのか!?

「ザクトクール」は愛煙家のマストアイテムになり得るのか!?

だったら、タバコを止めたらいいんだよ。

愛煙家の相方さん曰く「歯を白くしたい」とな…とは言ってもタバコを止めることが出来なさそうで。そうなると「ヤニを落とす」タイプの歯磨き粉が妥当だろうと思い、買ってみたのは「ザクトクール」…ライオンから出ているアレ。

これが相方さんにとってツボだったらしく、毎日毎食後…とはなっていないものの、ある程度は習慣的に歯磨き出来るようになりつつある。どうやら「桃っぽい味がイイ」のだとか。

で、「ザクト」って聞くと、真っ赤なパッケージ(箱)自体にタバコの写真があって…と言う品を思い浮かべる方もあるだろう。

商品写真はそれぞれ、ライオン公式HPの「ザクト」「ザクトクール」の情報より。何か同じシリーズとは思い難い雰囲気を持つような。元々、箱が存在しない「ザクトクール」の方は、洗面台にさり気なく置ける印象もある。

実は@コスメの「ザクトクール」のページでも、その人気の高さが伺える。見ると、タバコを吸わない方の口コミも多数。コーヒーや紅茶などの「着色汚れ」を落とすってことで、ホワイトニング志向の高い方からも一定の評価が。

で、オイラもちょっと使ったことがある。確かに結構磨けるけど、研磨剤が結構強いので毎日毎食後に使うのは避けたいところ。「歯を白く」と言うよりも、「これ以上みっともない色にしない」と言ったところだろうか。

しっかり磨ける要因に「味の良さ」ってのも確かにある。

そんな「ザクトクール」を相方さんは一時期使っていた。ところが、出張の際に電動歯ブラシと共に宿泊したホテルに忘れてしまったらしく、「デンティス」などでつないでいた。

でも「やっぱり、ザクトクールが欲しい」とひと言。

1本400円以下で買えるので、そこまで負担では無いかも知れないな。これで歯を磨き、「リステリン」で口をゆすげば、本人曰く「かなり違う」ようだ。余りにも凄い破壊力のコンビとも思えるが。

まぁ、でも何事も程々に、な。

メーカーによると、2019年9月をもって、「ザクトクール」の製造を終了した。店頭に残っているものが最後となるようだ。今後は「ザクト」を使ってとメーカー側は話すが、味は全然違うんだよなぁ。

はてさて、今後はどうするか…一案浮かんだら、改めて記事にするとしよう。