FREETEL “SAMURAI KIWAMI”は、あれやこれや超えることが出来るのか!?

NO IMAGE

もうね、”FREETEL(フリーテル)”って言うだけで反応するようになったわよ。

SAMURAI KIWAMI写真はFREETELの「2015 フルラインナップ予告」のページより。昨日(2015年10月27日)開催の発表会にて、”SAMURAI KIWAMI”の発売日が正式発表された。

2015年11月16日(月)予約開始、同20日(金)発売開始。

で、写真で言えば小さめに写っているものが通常版で39,800円。向かって左側の大きな写真がプレミアムモデルで59,800円(いずれも税抜)。後者は漆や金で装飾を施しているが、これも同日発売開始で良いのかな!?

どちらも限定生産なので、欲しい方は先手必勝にて。

FREETELと言えば、”Simple“みたいに事実上3日で完売したケースもあるし、”SAMURAI MIYABI“も初回分が数時間で完売し、その後も小出しにしても完売が続くケースもある。

個体の良し悪しはアレとして(ゃ、本来それでは困るのだが)、SAMURAI KIWAMIが欲しい方は予約開始の時間になったらすぐに動ける状態にあると良いでしょうな。

RAMが3GB、ROMが32GB、オクタコアとあるので、SAMURAI MIYABI以上に動作がキビキビサクサクしているものと期待。6インチともなれば、ファブレットと呼ぶ方が正しいだろう。

リアカメラが2100万画素って…コンパクトデジタルカメラをも超えていないか!? フロントカメラでも800万画素あると来たもんだ。オイラの”Zenfone5“のリアカメラが800万画素だぞ。

バッテリーは3,400mAh…かなりの量を積んでいるが、HUAWEIの”Ascend Mate7“ほどでは無いか。あいつは4,100mAh積んでおる。あと、FREETELお得意の「電池交換可」と言うのは、この機種だと当てはまらないらしい。

まぁ、でもねぇ…超有名機種でも、このお値段では出来ないだろうよ。プレミアムモデルのお値段でも断然厳しい。「SAMURAI MIYABIは価格を思うと上出来」との評判をよく聞くので、SAMURAI KIWAMIも期待して良さそうだ。

11月16日、FREETELの公式サイトがダウンしないと良いが。

でもね、これとは別理由でサイトがダウンするのでは無かろうか?と思ったりなんぞ。オイラはむしろ、これよりあっちの方が気になる訳だ。あっちは限定生産ってことは無いにせよ…じゃ、続きは明日にでも。

PAGE TOP