Windows10 無断アップグレードはゾンビの如くやってくる

NO IMAGE

一昨日(2015年10月15日)のこと。

下衆の極みだ、これTwitter経由で知ったのだが、Microsoft側が「予約」とかどうとか関係なく「隙あらばWindows10にアップグレードしちゃえ」と言わんばかりの行動に出ていたのだ。

Windows Updateから「利用可能なすべての更新プログラムを表示」をクリックし、オプションタブを見ると、何と「Windows10 Homeにアップグレード*」と言う項目が設置されていたのだ。しかもご丁寧にチェックが入っている。

*利用環境などにより”Home”ではなく”Pro”などの場合もある。

これ、自動更新で放っておいたら、いつの間にか手持ちのWindows7が10になってしまうのでは!?ってことも考えられる。だーかーらー、何のための「予約」なんだ?って話だ。要る時にこっちで工面するから黙ってろ。

鬼の所業って鬼に失礼だんな訳で、チェックを外してみた。これで勝手にWindows10になることは無いな…うし、OKをクリックで一件落着

めんどくせーな、こいつ…って、待て待て。何、ゾンビのように戻って来てんだよ!! チェックを外して回避しても、再度Windows Updateに入ると、ご丁寧にチェックが入った状態で居座っておる…しかし、ここは冷静にTwitterで得た情報を敢行。

まずはチェックを外し、「Windows10 Homeにアップグレード」の所で右クリック。「更新プログラムの非表示」をクリックすると、元々の項目が薄いグレーになり、選択出来ない状態に。うし、今度こそ大丈夫だろう。

その後、改めてWindows Updateを立ち上げたが、Windows10の項目は見事に消えた。ちなみに、ついでではあるが、Skype for Windowsの項目も同様に消してやった。ずっと鬱陶しかったもんでね。

あと、念押しになるかどうか分からないが、コントロールパネルから「プログラムのアンインストール」に入り、「インストールされた更新プログラム」をクリック。【KB3035583】と【KB2952664】のプログラムをアンインストールしてやった。

この内、【KB3035583】については、この後Windows Updateを立ち上げた際にインストールするかどうかを求められるので、上記の「更新プログラムの非表示」までと同じ段取りを踏んでやった。出てくんな、ヴォケが。

これで当面は大丈夫だと思いたい。

しかし、こういう策をやったとしても、Microsoft側がまた操作して、何かのタイミングでゾンビの如く這い上がるに違いない。極めて悪質と言えるだろ、これ。

「予約」って言葉を無視したり、Windows10は気になるがオンラインアップグレードが不安と言う人にパッケージ版を買わせるだけ買わせて自動更新に組み込んだり…Microsoftはユーザーを何だと思っているんだろうか?

手伝いに出ている仕事場はMacを使用。新OSのEl Capitanだが、Apple側はアップグレードの準備で止めて、判断はユーザーに任せているもんなぁ。事実、El Capitanどころか先代のYosemiteにもせず、未だMarvericks止まり。

まぁ、BOOT CAMPを使っている関係でEl Capitanを入れられなかったってのもあるが。それでも今回のWindows Updateの件を考えるとMacって親切だねぇ…って思えたりもする。個人での購入時期も早まりそうだ。

今使っているWindows7のノートはASUS製。間もなく購入から3年半になるが、このアップグレードを除けば何の不満も出ない優等生っぷり。ASUSの頑張りをMicrosoftがコケにしてくれた格好だ。

それだけMicrosoftが犯した「罪」は大きいと思うんだがね。

PAGE TOP