バス旅行での食事って何だかんだ差が出るよなぁ

NO IMAGE

期待が大きければ大きいほど

泣けてくるよ、これ…飛び抜けて凄いものが無いと拍子抜けしてしまう。こちらが今回のバス旅行の昼食。何でこう言う食事って量が物凄く多いのだろう。食材数はかなりあっただろうね。江ノ島近郊ゆえに魚が多め。

ある意味で斬新よ多分カツオだろうけど、見るからに火がほぼ通っている。あと、ネギトロが刺身枠で出るのはなぁ。

期待はずれと言って間違いないで、今回のメインは「浜焼き」と聞いていたので、漁師料理的なワイルドさを思い浮かべていたのだが、陶器で焼かれるのね。お陰で器に焦げ付くことは無いものの、期待はずれ感は半端なかった。魚介類の水分の抜け方が…。

でも、せっかく出されたものだから、どうにか頑張って食べましたさ。

しかし、大人もこんな調子だったのだが、子どもも余り食が進まなかった様子。子どもには、おむすびや唐揚げ、フライドポテトなどが出されたにも関わらず、残す量が多かったとか。

ツアーものだと、中々「当たり」にはめぐり合わないものね。

その分、自由行動で美味しいものを見つけようとするもので。色々歩いて甘いものが欲しくなってこんなのに手を出した。

店の名前忘れた元々はワッフル屋さんではあるが、このパフェが美味しそうに見えてお買い上げ。450円。手タレは相方さん。これが意表を突く美味しさだった。見ての通り小ぶりなので、余りもたれる感じも無く、最後まで美味しくいただけた。

しかし、甘いものを食べると塩っけも欲しくなるものだ。バスでの帰り道、休憩場所にもなった都筑PAにてこんなものをば。

勢いで食べてもうた鎌倉・七里ヶ浜にあるレストラン「珊瑚礁」で人気のガーリックポテトをスナックにしたもの。じゃがりこよりも遥かに硬い。歯に自信がある方にしかオススメ出来ないが、味は素晴らしい。これはこれで正解だったかな。

昼食が見事に霞む勢い。

そんな訳で、旅先で思いがけずに美味しいものに当たると、多少なりテンションが変わるもの。それが何処で現れるか分からないだけに、心配になることもあったりする。まぁ、今回はこれで良かったのかな!?