新江ノ島水族館で水族と家族の抗争が…!?

NO IMAGE

すんごく気乗りしない旅だった。

フライングでフライング自治会の旅行…うー、息苦しいったらありゃしない。しかも大相撲秋場所初日に…だ。昔から自治会活動に大きな疑問符しか無いオイラだが、今住む町はアホみたいに活動が活発で、あれやこれや強制参加もあるのだ。

時代にそぐわない歳末警戒もあったりな。

で、何だかんだで一昨日、バスで連行(って表現は悪いのかもしれないが、実際そんなもんだよ)されたのは江ノ島近郊。午前中は新江ノ島水族館へと。

Wikipediaによると、前身である「江ノ島水族館」は2003年12月末で閉館。その後継となるのが「新江ノ島水族館」だそうな。水族館…水族…それを見る人間の家族…そうか、水族と家族による「族同士の抗争」がここに!!

あれは確か『伝染るんです。』にあったかな。

今頃のショーは歌がありしかし、水族そのものに罪は無いし、水族館も良いものだ。この日は日曜、主に休日に開かれる“Dolferia(ドルフェリア)”なるショーを鑑賞。確かに、これまでにこのようなショーを観たことは無いなぁ。

えーい、飛んでまえ!!ちょとちょと、大丈夫?何なら回っとく?打ち上げられもするし談笑だってしましょうよ今頃のショーにはシンクロもありイルカショーって、進行役の人は常に壇上に居て、イルカが泳いでは飛び…ってのが広く一般的かと思われるが、今回のショーでは何と人も水に飛び込む!! シンクロナイズドスイミングの要素も含まれていた。

こ、怖ないか?こんな間近でイルカが飛ぶのか!!

最後は乱打戦!?えーい、これでもか!!うん、ショーは大変素晴らしかった。これが「自治会旅行」じゃ無かったらなぁ。

今回は自由時間が2時間弱あったのだが、”Dolferia”と「フィンズ」なるものを観たら1時間近く潰れてもうた。よって、館内全部を観るのはほぼ不可能だったな。

クラゲさん観たかったけど時間切れ。

そう言う訳で、新江ノ島水族館は時間に余裕を持って見て回ることを推奨。身近な魚から、深海の世界、遠洋の生き物などを一気に楽しめる。有料・先着順・期間限定ではあるが、イルカやウミガメに触ることも出来るとか!?

もし次回行けるなら、自治会では無く、長時間滞在型で。

さて、今回の旅は…まぁ自治会のアレだから、優雅に有意義に…ってのは難しい。が、あれこれ写真も撮ってみたので、明日も何日か引き続きご紹介すっか。それにしても個人的には大相撲秋場所初日だったことが痛かったな。