史上最悪のデスクトップパソコンに激怒する女

史上最悪のデスクトップパソコンに激怒する女

こんなパソコン、使う気にならん。

相方さんのデスクトップPCが酷すぎる。起動に時間がかかり、ブラウジングもスムーズに行かない。ウィルススキャンを仕掛けたならば、いつ終わるか分からない鈍足っぷり。

2012年頃のWindows7って、こんな感じだったっけ!?

オイラもほぼ同時期のWindows7のノートPCを使っているんだが、こんなにイラつく事態にはならないんだがね…唯一、勝手にWindows10のアップグレードを仕掛けてくるのは腹立つが、それ以外は優秀そのもの。

まぁ、相方さんのPCがそうなるのも無理は無い。だって、

  • コストが安いだけのレノボ(Lenovo)製
  • プリインのマカフィー(McAfee)を言われるがままに継続利用
  • ついでに同「セキュリティスキャンプラス」もぶっ込んでいた
  • バイドゥ(Baido IME)もぶっ込んでいた
  • だから、ハオ(Hao123)も入っているわな
  • 更にリアルプレイヤー(Real Player)とその仲間たちもご同居
  • 一時期はJ-Wordも使ったとか何とか

…これ、多少なりともパソコンに詳しい方が見たら「最悪だな」って内容だよ。

まず、対象機種で無いとはなっているが、レノボのPCは「出荷時点でマルウェアを仕込んでいる」って話がボロボロ出ているし。既にヤバさを醸し出している。

ウィルス対策ソフトとしてマカフィーを使ってはいたが、元々入っていた30日間お試し版を使って、言われるがままに自動更新。重いわ高いわ…なーんてのを気にしていたかどうか分からんが、すっかり信じていた模様。

多分、Adobe Readerをインストールした際にチェックを外さなかったお陰で入った「セキュリティスキャンプラス」も信じきっていた模様。あんなの広告…ってか、見方によっては違法な「点検商法」の糸口ですもんな。

何をきっかけに入れたか分からないBaido IMEで顔文字を打てるようにはなったかも知れないが、情報ダダ漏れツールと言う悪名もある。そこのブラウザHao123も当然ながら信用に値しない。

あと、Real Playerも鬱陶しいったらありゃしない。特別悪さをしないとしても存在意義は一切見られない。Dropboxの中身を反映させても、それはDropboxで済む話だ。ポップアップ広告も何なんだか。

あと、J-Wordね…これも要らんわな。「YahooでググりたくないからJ-Wordで…とでも?」なんて言いたくなるような訳の分からなさ。マルウェアの疑いもあったりする一方で、アンインストールに難儀する時代もあった。

そんな状態でPCを使っていた相方さん。「何かCドライブがパンパンで…」って言うので見てみたら、こう言う内容だったのだ。PCに物凄く詳しい訳では無いが、此方でテコ入れする必要がありそうですな。

ってな訳で次回以降のブログで、どのように事態を打開していったか?について綴ってみよう。Cドライブがスッキリした…とまでは行かないにせよ、以前を思えば随分と軽快なPCになった筈だ。