第2回 柿の種ボリボリ選手権

NO IMAGE

「ばかうけ」に押されていたけど、無事開催。

亀田製菓だけじゃ無いのです食べたのは大分前だけど、ようやっと陽の目を見たか。前回は亀田製菓のものだったが、今回は三幸製菓のもの。三幸製菓と言えば、「雪の宿ボリボリ選手権」もありましたな。

しかし変わり種ばかり集まったものだ。

まぁ「わさび」は前回もあったから分かる。でも「昆布しょうゆ」、更に「牛タン」ってどゆこと!? 一応、「ご当地シリーズ」ってことで仮に限定だったとしても長期的に販売されているようだが、よく手がけたよ、ホント。

まぁ、買ってみたから試食しましょ。

まず「わさび」…亀田製菓のもの同様、結構パンチがある。ただ、これは全商品に言えることだけど、柿の種自体の幅が割とあるので、辛さがピンポイントで来ると言う印象は薄いような。一度に食べる量も割と抑制される。

なので、鼻にツーンと来るのを楽しみにしている方は、亀田製菓のものが良いかと思う。ツーンとは来て欲しいが辛いのは苦手と仰る方は、三幸製菓のものだろうか。

次に「昆布しょうゆ」…これは意表を突き過ぎている。これまで登場した柿の種って、唐辛子やわさび、梅など、味のインパクトが強いものと組み合わさっているが、「昆布しょうゆ」となると、あーら、まろやかなのね。

そうなると、「誰にでも食べやすい」と言うメリットも出て来る一方で、「味がパッとしない」と言うデメリットも出るような。しょうゆのみを使ったあられとも違うので、結構地味な存在になるかもしれない。

最後に問題の「牛タン」…これはアリ。ポテトチップスだとビーフも割と定番かもしれないが、あられなどの米菓でもアリなんだな…ってしみじみ思いましたわ。しかも、ピーナッツとの相性も良い。

「牛タン」ってことで、コショウやニンニク風味も結構効いている。お茶請けに出したとしても、ウケは良いんじゃないか?と思っている。ただ、この味が100%牛タンか?…と言うと、それは違うでしょうな。

そんな訳で、好き嫌いが分かれそうな食べ比べになりましたな。

しかし、柿の種も様々な進化を遂げているようで。それは同じメーカー内でもだし、他社も巻き添えにすると、もっと激しくなるでしょうな。いずれにせよ、そう言うチャレンジ精神もほどほどに…。

PAGE TOP