FREETEL SIMとの1ヶ月間

NO IMAGE

使い方が使い方…ってのもあるが、

速さ勝負も今の使い方では...。FREETEL SIMは中々良い仕事をしていると思う。2015年8月1日に開通の儀を行い、1ヶ月間「節約モード(低速通信)」を貫いた。よって、この1ヶ月の使用料は税込480円程度…ワンコインでお釣りが来るものだった。

今までOCNモバイルONEで通していたが、日110MB(月3GB相当)をフルに使ったことが無かった身としては、今回の額が本来あるべきものなのかな?なんて思ったりもした。日110MBのあの金額でさえ、払い過ぎだったとは…。

そもそもWi-Fi環境下にあることが多く、TwitterやMessengerなど低速通信で問題無いアプリばかり使うので、この使用方法でも問題無かったのだろう。

そう言えば1回だけ、駅で電車の乗換情報を見ようとして中々ページが開かずイライラしたことはあった。あの時ほど「節約のON/OFF切り替えアプリ」が必要と思ったことは無い。

でも上述の通り、使い方が使い方なので、あの1回がむしろイレギュラーだったのだ。もしそれが頻繁に起きると察知すれば、その時は節約モードを解除して、使用した分だけ支払うものと割り切っている。

多分、Wi-Fiが無い状態で派手に使ったとしても、自分の使い方では1GB前後で済むと思うけど。

さて、今回はSMS付のデータ通信SIMを使ってみたが、音声通話対応SIMでも良かったのでは?と言う声もあるかも知れない。確かに今でも頭にあるが、このSIMカードにしたのには大きな訳が…それは

SNS専用機を作る!!

やー、電話帳とかから情報をブッコ抜かれるのが嫌なものでね。自分が電話帳との連携を外しても、自分の電話番号を他の方が電話帳登録していることで抜かれるってのもあるもんで。

Facebookとか顕著だもん、アレ。

それを大幅に回避出来るのがSMS付データ通信SIMを使う方法。お陰で此方の情報は簡単に抜けなくなっておる。結果的に、一本化するより高く付いても、やっぱり安心感には代えられない。

あと、「餅は餅屋」で電池持ちを良くする効果もあるね。

そんな訳でFREETEL SIMは大いに気に入った。万が一気に入らなければ、データ通信SIMの場合だと違約金無しで解約出来るし…でも今のところ解約は無いだろうな。

どうやら発売開始から人気が集まっているようで、速度低下の心配も無い訳では無いが、1年以上は回線増速を毎月行うと言う公式発表もあったので、そこに大いに期待をかけようではないか。

PAGE TOP