【相方よSIMフリーに乗り換えよ】7. 自分なりのZenfone5の使い方へ(終)

【相方よSIMフリーに乗り換えよ】7. 自分なりのZenfone5の使い方へ(終)

【第6話】はこちら。

あれから10日…もう大分、慣れたようである。

貸出用Zenfone5(16GB)で使いたい機能は大体使えるようになった相方さん。特に「テザリング」を覚えてからは、出先での端末の出番が大きく増えている。

元々、iPhone5を使っていた大きな目的の1つが「テザリング」だったので、それが難なく出来ることに感動しているようにも見えた。同時に、これまで別料金を払ってまでして行なっていたことを勿体無く感じていた。

ブラウジングや地図の閲覧も多いため、FREETEL SIMは高速通信で使い続けている。その速度も快適と感じているようで、ブラウジングのストレスは一切感じないとも話していた。

余談だが、オイラがその横で同社SIMの節約モード(低速通信)でブラウジングをしたことがあったが、中々閲覧出来ずに兎に角ストレスが溜まってしまった。速度切替アプリを早急に開発願いたいところだ。

Zenfone5を使い倒すまでには至っては居ないものの、iPhone5を使っていた頃以上に活躍させているようにも見える。ある程度使い慣れたところで相方さんはソフトバンクに行き、iPhone5の解約手続きを取った。

これまで毎月1万円ちょっと支払っていたのが、今後は最大でも2千円台までに落ち着くだろう。「違約金も長い目で見たら痛くない」と相方さんも話していた。そこに気づくと格安SIMのありがたさが身に沁みて分かるものだ。

さて、そろそろ端末の購入を…と、いきたいところだが、やはりSAMURAI MIYABIが出てからの判断となるだろう。安くて電池交換が出来るところを高く買っているようだ。しかし、実際に買えるのは9月に入ってからの予定である。

ただ、Zenfone5に慣れたこともあって、個人的には素直にZenfone2 Laserに移行するのも悪くないと思っている。同じメーカーで操作が大きく変わっていないとなれば、機種変更後のアタフタも少なく済むだろう。

次回こそは設定を1人でやっていただかないとな。

PAGE TOP