【第4話】Bluetoothが招いた罠

NO IMAGE

【第3話】はこちら。

何故、自分のiPhoneの電話番号を知らないんだ?

そこは一本化しなよ
答えはこうだ。通常、電話をかけたり受けたりするのはガラケー。ところが、車に乗っている時には、iPhoneからハンズフリーでかけている。この番号は他人に伝えていないため、番号を覚えていないのだとか。

iPhoneを契約して2年経過していて、これとは…な。

で、車でハンズフリー通話をするにあたっては、カーナビとBluetooth接続をしている。iPhoneにはBluetooth機能が付いているが、手持ちのガラケーには付いていなかった。

ガラケーはカケホーダイプランに入っているにも関わらず、プランの有効活用が出来ずに居たようだ。

そこで改めて、過去半年間のiPhoneの利用状況を調べると、月平均で1,450円も通話していた。このプランは30秒につき20円の通話料がかかるもの。「楽天でんわ」などのアプリを利用していなかった。

月1,450円として、年間17,400円も無駄にする計算。今回調べた中には、通話料金がカケホーダイプランの月額利用料2,200円をも上回る月があり、いっそうの無駄を感じずには居られなかった。

勿論「楽天でんわ」などのアプリも考えてみたが、年間17,400円とした場合、2年もすればキャリアでも楽にガラケーが買える金額になる。物は試しで提案してみた。

「Bluetooth対応のガラケーに機種変更もアリだろうね」

すると、「それはいい考えだ!」と相方さん。手持ちのガラケーも十分に使えるものだが、買ってすぐと言う訳でも無かった。便利に使えるなら出費は惜しまないと言う性格のため、行動に移すのは早かった。

提案して2日ほどで機種変更完了。すぐにカーナビに接続してハンズフリー通話も出来るようになった。空いたガラケーは何故か自分のものになった。

ここで契約内容の見直しも検討したが、既にデータプランは小容量(2GB)のものに切り替わっており、テコ入れする必要は無かった。ただ、「無い」と言っていた端末の残債は数ヶ月分残っており、その場で精算となった。

ちなみに、新たに手に入れたガラケーはP-01G。カーナビも同じくPanasonicなので、Bluetoothで難なくつながった。しきりに気にしていた「電池持ち」も問題無いようで、今のところ不満は全く聞かれない。

さて、こちらが貰ったガラケーに、物は試しでOCNモバイルONEのSIMカードを挿したところ、普通に通話できる状態になった。これまでカードを挿していたZenfone5(16GB)が空いた格好になる。

そうか、ちょっと相方さんに提案してみようか。

【第5話】につづく。

LINEで送る
Pocket