何がしたいんだか分からないクラウドファンディングのその後

NO IMAGE

うん、予想通りだ。

日本ですけどね、実際には一体、その投資金で何がしたいんだか分からないクラウドファンディングの案件。そこの本部とは本件を機に距離を置こうと決めているが、たまに動向をチェックしている。

そしたら、あるところで賛同者がピタッと途絶え、金額が数週間動いていない。現時点で目標金額30万円に対して13万円しか集まっていない。実際の数え方とは異なるが、”thirty(30)”と”thirteen(13)”と間違えたかのよう。

個人的には13万円集まったことに驚いているが。

もはや「お買い物」としか言えない内容リターンの設定がおかしい目標金額もおかしい宣伝媒体を有効に使えていない…これで「クラウドファンディングやりまぁ~っす」ってぶち上げることが無謀の極みである。

同じサイトを利用し、目標金額を達成したプロジェクトを見ても差は歴然。一例だが、広島の神石高原町観光協会が立ち上げた化粧水のプロジェクトのページと比較すれば、何が違うかよく分かる筈だ。

本日も含め、あと40日少々でどうするんでしょうかね?

しかし、ここで2つ不可解なことが起きている。1つはプロジェクトを立ち上げた人物が「仕事をセミリタイアする」と言い出したこと、もう1つは現状が惨状と言えるにも関わらず新たなPRを行なっていないことである。

「仕事をセミリタイア」って過去に大橋巨泉さんが仰っていたが、あんな感じを狙っているんだろうか? ってか、いち株式会社の社長である貴女がそんなことをしていて本当に大丈夫なんだろうか!? 社の未来さえ危ういような…。

それでいて、今回のクラウドファンディングについて、念を押してPRしている様子はまるで無い。他の方がTwitterなどでPRしているようだが、bot的な定期ポストのようでもある。新たな投資者が出るのは極めて困難か!?

逆転満塁ホームランを期待するのも…ねぇ。

いずれにせよ、今回のクラウドファンディングは上手く機能していない。尚且つ、不可解な動きも見られる。手数料を引かれ10万4千円の現状で出来ることは何なんでしょうかね?

PAGE TOP