HUAWEIのP8 liteが予想を裏切る位に良さそうなんですけど!!

NO IMAGE

「Zenfone2 Laserに敵無し」とは言えないか!?

P8 lite_wh写真は公式HPから拝借したが、HUAWEI(ファーウェイ)の新機種である”P8 lite“が、Laserの前に立ちはだかる印象がある。ファーウェイ…申し訳無いが、SIMフリー機に注目するまで全く知らない会社だった。

で、SIMフリー機に詳しい方なら”Ascend Mate7“と言う機種でご存知の方もあるだろう。6インチで4万円以上する機種だが、バッテリー量が物凄く多く、CPUもカメラもハイグレード。指紋認証も付いている「最強」の一種でもある。

そのインパクトが強すぎて他の機種が余り印象に残らなかったのだが、昨日綴ったLaserモックでニヤニヤ大会の流れでliteの実機に触れることが出来たので、あれこれいじってみると…これはイイんじゃないの?って感じがしたね。

厚み以外の寸法としてはLaserとほぼ一緒。しかしliteは実際の数値よりも小さく感じた。Laserが大きく感じたってのもあるが。liteは端だけが丸っこく削られているので、全体的にはフラットな印象もある。

そのデザインが「iPhoneっぽい」と仰る方もあるかもしれない。カメラの配置とかもそうだもんなぁ。だから、iPhoneから乗り換えを考える方には、すんなり受け入れられる面もあるでしょうな。

で、スリープ状態からの起動は今使っているZenfone5より速い。それぞれのアプリへの移動もスムーズ。アイコンの大きさも適切だし、タッチ感度も悪くない。立ち上げた全アプリの終了が上方向へのスワイプには驚いた。

ちなみにファーウェイは中国のメーカーで、口コミを見ると日本語表記がごくまれにおかしくなることがあるとか何とか。ただ、実機を触る感じではおかしな表記に当たらなかった。これは気にしすぎなくても良いのかもしれない。

そして、liteはアプリの数の少なさを高く買いたいところだ。ZenfoneシリーズはASUS独自のアプリが結構乗っかっているからね。3大キャリアを思えばマシだが。

定価28,600円(税抜)と、Laserより若干お高いが、この値段でこの仕事は大したものだ。デュアルSIM対応とはあるものの、一方はマイクロSDスロットも兼ねているため、使い方としてはシングルSIMみたいだな。

そんな訳でZenfone2 LaserとP8 liteが良い勝負をするか?と思ったら…意外なところに伏兵が!! ただ、発売日が遅くなる関係で候補から外れる可能性が高いが、その商品もある程度知っておく必要はありそうだ。

これが現時点で店頭に並んでいたらどうなっていただろうか? 続きは明日にでも。