【皆の者怒れ!】Windows側が勝手にWindows10のアップグレードを仕掛けているぞ!!

【皆の者怒れ!】Windows側が勝手にWindows10のアップグレードを仕掛けているぞ!!

要らないからやっていないっつーのに、これか。

それは2015年8月4日(火)のこと。手持ちのノートPC(Windows7)をWindows Updateで手動更新。更新履歴を見たところ蒼ざめた。

「Windows10 Homeにアップグレード 失敗 重要」

は? 何で勝手にこんなことをするのよ!? 今の今まで無償アップグレード予約なんてかけていないぞ!! このスクリーンショットは8月4日(火)午前のものだが、前日の3日(月)と合わせて2回も更新しようとしていたとは…。

ホント、勝手も勝手。何のための予約制度や?…っちゅう話。

2015年7月29日(水)に希望者(予約者)に提供され始めたWindows10。同7や8、8.1ユーザーを対象に、1年の無償アップグレード期間を設けて広めているところだが、更新履歴の写真を撮った同じ日の夜の写真を御覧くださいよ。

予約すら成立してねーぞ!!

なのに更新がかかっている…しかも「重要」という位置づけで。だったら、予約とかどうとかせず、「対象のユーザーは問答無用でWindows10にアップグレードさせま~っす」って言ったら良かったんじゃないの?

そもそも何で予約していないか?って、アップグレードさせる必要性を感じていないから。このノートPCも4年目と言う買い替えにも中途半端な時期に入っているし、そもそも十分なパフォーマンスを保っているからね。

そこに変な横槍を入れられた格好。実は昨日(8月5日)も勝手に更新がかかっている。ちなみに4日の手動インストールでWindows10に関するものは無い…ってか、既に3日の時点で更新をかけられそうになっているしな。

そっか、だから「自動更新を抑止する方法」ってのがアナウンスされたのか…聞いていた用途とは違っていたけど。

まぁ、そこでの追記も嘘。こちとらWindows Update経由の予約もしていないし、通知って何のことですか?って話。

やー、今回の一件でWindows…と言うか、Microsoftへの不信感が増大したのは言うまでもない。ただ、WordやExcelなどを考えると簡単に縁を切れないのが実情。Macも使い方が変わるんだろうし…どうすっぺな。

次回買うのはまさかの伏兵、Chromebookとか!?

あと、お問い合わせにはWindows側のIDが要るとか…こんな信用ならぬことがあったのに、わざわざID作って危険におののきながら質問する奴があるか?って話。

でも、全て「失敗」に終わったのが不幸中の幸い。「成功」していたら更に絶望感に苛まれただろうな。身の回りのWindowsには今のところ無いようだが、今後も無いとは言い切れ無いよな。

皆様もどうか十分にお気をつけあれ。

PAGE TOP