「2年縛りってアカンやん」ってのをドコモショップの店員さんの発言で確信した

NO IMAGE

格安SIMを使い出すと、キャリアに戻る気になれない。

それ言ったら終いや。格安SIM使用歴も通算1年半、音声通話対応だけでも間もなく9ヶ月か。オイラの使い方だと何ら不便も負担も被っていない。音声通話対応1本での月の支払い金額は1,800円もしていない。

まぁ、現在はFREETEL SIMで動かす端末があるので合計だと2,400円位になろうかと思うが、それでもキャリアのガラケー単独時代よりも安いって話だ。

そんな中、相方さんがこんなことを言い出した。

「(自分の)ガラケーとiPhoneを一本化したいんだよなぁ」

…ほほぉ、確かにその方が支払いは楽だわな。でも、オイラは素直に賛同出来ない。と、言うのもiPhoneの使い方に色々な「無駄」を感じていたからだ。それこそ格安SIMを噛ませたら良くね?とも言ったりなんぞ。

しかし、それがすんなり分かる方では無かった。格安SIMとは何ぞや?をあれこれ話すも、何か飲み込めずに居る。で、ガラケーを長年契約しているってことでdocomoのショップに行くと言い出し、オイラも同行することに。

ちなみにiPhoneはソフトバンクでの契約…ほれ、そこから無駄だわ。

で、3つのパターンをショップの女性店員が提示する。相方さん…あ、ここでもパニくってるぞ。しゃあない、オイラが良く聞いておこう。但し、こちらは格安SIM導入の可能性を脳内でシミュレーションしつつ。

で、聞いたパターンは

1. docomoのiPhoneに一本化(月8千円程度)
2. docomoのガラケーにプラス、データ通信専用端末(月1万円程度)
3. docomoのガラケーと、docomoのiPhoneの2本立て(月1.4万円程度)

いずれも月の基本料金の目安を聞いたが、あくまで2年契約での話。ここで、敢えてオイラは聞いてみた。「大体、iPhoneとかスマートフォンって寿命はどれくらいですかね?」と

「そうですね、大体、1年か1年半ですね(*´▽`*)」

こらこら、それで2年契約ってどうなん? 勿論、2年以上使えるケースもあるけど、今の話だったら、2年契約の意味などあらへんがな。1年や1年半で御役御免になって残債が残るパターンだと悲惨ですな。

しかも、上記の1.や3.の使い方だと、より寿命が短くなるとも…うーん、店員さんも正直でよろしいけど、それじゃ契約しましょって話になりにくいよな。機種変更の推進にもなり難い。

それこそ最もな「無駄」だったのか。

当の相方はそれとなく聞いていた程度だったが、ひと通りの説明を受けてショップを出たところで、先の発言を再度伝える…そこでようやくマズい事態と気付いたようだった。同時に格安SIM乗り換えの意義も見えたとも…。

まぁ、普段の使い方などを見る限りでは一本化が無理と思われるので、2.か3.のようにガラケーを生かしてスマートフォンを何らかの格安SIMで動かすのが良さそうだな。明細を見てから正式な判断になるだろうけど。

「うん、じゃぁ、今からソフトバンクに行って(iPhoneを)解約しよう」

…ま、待て、それは早過ぎる。格安SIMを導入するには、しっかりとしたプランニングが無いと痛い目に遭うぞ。ひとまずそこは抑えて貰い、こちらでパターンを組んでみるか。

そんな訳で長期戦になると思われるが、自分以外のSIMフリー化計画を実施しようじゃないか。中々面白い事態になりそうだぞ。

PAGE TOP