東京・府中市のゆるキャラ「古都見ちゃん」が市の公式だったら良かったのに

NO IMAGE

府中市、ゆるキャラ作りすぎ。

前言取り消し。大東京綜合卸売センターに行った際に見かけたポスターを再び。もうね、「府中の珍獣大集合」の要素が強いんだが…ん? 1つだけ、オイラ的にはストライクの可愛いキャラ発見。

漢字だとDQN!?府中観光協会のキャラクター、古都見(ことみ)ちゃん。ローマ字ロゴが「KiRiMiちゃん」ぽくもあるが。これ、十分「府中市の顔」になれるやろ。何でふちゅこ…(以下自主規制)。

実は大東京綜合卸売センターに行った後で府中市郷土の森観光物産館に寄ったのだが、そこにあった根付やケータイ用マスコットなど、買おうかどうか迷ったんだよね。結局買わなかったが、記念に無料のカードを貰った次第。

澤村さんGJ!!原作者は澤村えりかさんと言う方だそうな。

さて、この古都見ちゃん、性別「なし(妖精)」とあるが、角髪(みずら)ってヘアスタイルは男性のものと記憶。快活な男の子って設定でも悪く無かったような。あと、語尾の「ふっちゅう!」は中々難しい…ってか無理無いか?

ともあれ、公式のふちゅ…(以下自主規制)。

で、古都見ちゃんはブログを持っているらしく、観光協会の仕事をそれ相応にこなしている様子。ん? つい先日始まった『ちはやふる』のキャンペーン*の品にも古都見ちゃんが出たのかい!?

* 全3回に分けて開催(各回とも品が無くなり次第終了)。詳しくはこちら

そんな訳で、古都見ちゃんは健気に頑張っておる。しかし、府中市には悲惨な待遇を受けているゆるキャラも居るようだ。1番上の写真にも写っているが…嗚呼、可哀想なり。