新しくなった”FREETEL SIM”が届いたぞ!!

NO IMAGE

Simpleを買う前に、お試しで。

FREETEL SIM(SMS付マイクロSIM)2015年7月15日(水)より新しくなった、FREETEL SIM。それまでは「フリモバ」と言う名前で販売されていたが、仕組みを大幅に変えた今回のSIMカードは販売開始前から話題になっていた。

使った分だけ課金されること、料金枠が6段階と細かいこと、MVNEからMVNOになって高速化がなされたこと、店舗でも買えるようになったことなどが好材料となり、売れ行きも好調だそうだ。

で、オイラは元々、同社のSimpleと言うSIMフリーフィーチャーフォンが欲しいんだけど、まだ発売日が確定していないし、仮にそれに切り替えた場合、現在のスマートフォンで使っているアプリの処遇を考えないといけない。

そこで、音声通話無し、データ通信専用のSIMカードを買ってみることに。それがバチーッと合えば今後もそれで運用すれば良いし、Simpleの購入にも弾みが付くだろう。万が一合わなくても違約金ゼロで解約出来る。

大袈裟にも程がある。で、今回は楽天市場経由でお買い上げ。定価3,240円(税込)のところ、2,928円(税込)で販売されていた。振込手数料無料の銀行口座を持っていたら銀行振込がお得だろう。しかし、SIMカードを頼んで、この箱か。

店の負担も大きいだろうに。緩衝材の紙と納品書を除けたらSIMカード…amazonも真っ青な箱の大きさ。

有効活用と言えるのか?運送業者の伝票カバーに入っている…これなら、メール便やレターパックでも良くね?

まぁ、そうは言っても、お店が比較的近かったお陰もあってか、注文&振込の翌日には手元に届いた。これはありがたや。ずっとOCNモバイルONEで来ているので、どんなパフォーマンスか気になるところ。

今回、SMS付のSIMカードにしたのは、多分大丈夫だと思うけど「アンテナピクト」や「セルスタンバイ」の問題に配慮してのもの。あ、参考までに、こちらもご覧くだされ。

一応、未開封で置いているZenfone5(32GB)に挿そうと思っているが、実際の開通の儀は8月に入ってからにする。FREETEL SIMは利用料金の日割り計算が出来ないものでしてね。その前にZenさんの準備も必要だな。

しかし、Simpleの発売日とかまだ発表にならないのかね? Simple次第で今後の端末の持ち方とか変わって来るんだよなぁ。同時に空き端末も出るかもしれないが。

PAGE TOP