「クラウドファンディング」で「ふるさと納税」を超える割合のリターンがあると…。

NO IMAGE

いただいた金額の半分とかが相場だと思うがね。

裏しか感じないよね、ホント「ふるさと納税」でのリターン(とは言わないか、謝礼だな)って、例えば1万円寄付して1万円相当の品が来ることは無いだろうし、それ以上の額ってまず有り得ないようにも思う。5千円相当でも十分過ぎるでしょ。

100万円寄付して感謝状1枚だけってケースもあるしな。

ところが、今回問題にしているクラウドファンディングでは、コースの設定金額を超えるリターンが設定されているのだ。3千円コース(税込)のリターンは実売価格3,240円(税込)である。

240円ではあるが、投資を受ける側が損をする金額・商品設定をするのは何とも不思議なものである。投資を受けた金額から何かを生み出すものだろうに、この状況で何が出来ると言うのだろうか?

勿論、実売価格がイコール商品の原価だとは思わない。卸値だって存在するだろう。しかし、卸値が半値(1,620円)以下でも無ければ、先の「ふるさと納税」のようなバランスも取れないだろう。

余り深く考えない方は「やった、実売価格よりも安いお値段で商品が買える」と思ってしまうかもしれない。そうだよな、240円も得しているかのようだから。でも、何故そのような品をホイホイとリターンに出せるだろうか?

そう考えると、これは余剰在庫の整理で出しているのか?などと勘ぐる方も出るだろう。こちらも真っ先にそれを思ってしまった。もし、これが正解なら、喜び勇んでリターンを手に入れた方も実は被害者のように写ってくるのだ。

だが、それは同時に「何か定価で買うのが馬鹿らしい」って発想にも繋がり兼ねない。そうなると、その商品が今後、定価では全く売れない事態も出て不思議では無い。通常のユーザーにも、そして企業側にもマイナスだろ、これ。

思い切ったようでツメが甘い設定ですな、これ。

先に「ふるさと納税」の例を出したが、「株主優待」でもそうじゃないかな。株主だったら金を支払えばその分何でもタダ…なんてことも無い訳で。クラウドファンディングは、あくまで「投資」。「お買い物」ではございません。

他の金額のコースも妥当なようで、そうでも無いようなものもあるような。激しくツッコミを入れたい品はもう1つあるね。でも、その前に指摘すべき事項を取り上げておかないとな。

明日につづく。

PAGE TOP