市販薬でも鉄剤の副作用が怖すぎて…。

NO IMAGE

鉄剤とは一生の付き合いかと思っている。

物凄い鬼門なのよ、これ実はオイラ、体内での造血と貯蔵の機能が弱く、鉄サプリでは補いきれない体質なのである。そもそも鉄を含む食べ物を苦手にしている節もあるが、貯蔵機能自体が弱いとなれば、苦手にしていなくても難があるか。

その昔、血液の状態を見るために採血を行ったところ、それが原因でぶっ倒れたこともある。倒れた場所が病院内だったので、すぐさま点滴が打たれ無事に帰宅出来たから良いものの。

そのため、たとえ市販薬であっても鉄剤は切っても切り離せず、「出産を考えているなら即、病院へ」と言われるほどマズい状態なのだ。今は幸い、経過観察中で通院も無いのだが、油断は出来ないと常々思っている。

しょうがない、鉄剤を止める訳に行かないわな。

で、鉄剤のお陰で保たれているところもあるが、そこは「薬」なので副作用が出てしまうこともある。数日前に新たな鉄剤(造血剤か)に切り替えたところ、猛烈な腹痛と便秘に見舞われた。胃腸薬が手放せない状況だ。

どうやらオイラの場合、「1日1回2錠」と言う飲み方が合っていないらしい。2錠一気に飲んだ時の腹痛は半端無かった。胃よりも腸の方に来た。腸で溶ける糖衣錠だから当然っちゃあ当然か。故に「1日2回1錠ずつ」に切り替え。

実は別の鉄剤でも同様のことが起きる。何も市販薬に限らず処方薬でも。飲み方の変更で大分落ち着くところはあるが、副作用を気にしないってところまでには至らない。現に腹痛は抑えられても便秘が…。

どう転んでも結構リスクが高いですな。でも、そこを恐れ過ぎては何も始まらないし、好転もしないだろう。そことの格闘と言うか、共存も課題になっている。

そんな訳で鉄の部分では厳重に厳重を重ねて過ごすよう心がけている。甘く見た時の恐ろしさを知っているからだ。現にそれで命を落とした者が居る。大事な人もそれで旅立った。

命綱とも言える薬を今日もまた…。