2015 バカ短冊決定戦

NO IMAGE

引っ越した先にも、あるにはあったよ。

食欲で生きていけ七夕飾り。店先に笹が置いてあって、自由に短冊を書いて飾れるアレだ。織姫や彦星に願いごとを…とは言うものの、例年「どう考えたってそこに願うか?」って短冊が見つかるのも事実。

それは、ところ変われど同じだった。ただ、過去のブログから伝説として語り継がれる

「おばあちゃんのりょうりが もっとじょうずに なりますように」

を超えるものは出て来ない。地域性か、それとも…。でも中々にレヴェルの高い短冊も見つかった。ではでは手始めにこんなのから。

「おやじギャグがうまくなりますように」

…ならなくて宜しいがな。「布団が吹っ飛んだww」とか言うとる場合か?なんて話だ。しかし、この作品には意外な裏があった。それは

1つの笹にこの短冊2枚!!

…執念を感じずには居られないね、これ。同じ人物が2枚書いたのか、それとも複数人の願いなのか…もし後者だとしたら、この店の利用者には「おやじギャグ」の使い手が多いってことになるかもしれない。

あ、そう言えば、同じ笹にはこんな短冊も。

「バスケ命」

…これは願いごとなのでしょうか…もし「バスケ命になりますように」だとしたら、この方にはバスケに対する愛情が現状だと不足しているってことなんでしょうな。「バスケ命です」って報告は、それこそ要らないだろ?って話だし。

もしくは「バスケ命」と言う名前の方なのか? だとしたら願いは何!? 謎が謎を呼ぶ中でこんなのも見つかってしまった。

「テニスがビックリするくわいうまくなりますように」

…ビックリするくわい…ジャミロクワイ…うーん。正月料理の定番、ってか正月料理以外でそうそう見つからないぞ、「くわい」は。ただ、冷静に考えると「ビックリする」って言葉も短冊として斬新でもありますな。

あと、別の店にあった笹にはこんなのもあった。

「私には悩みがありません。だから悩みがほしいです(^O^)」

羨ましい限りだ。消費税が8%になり、今後10%になっても平気なんだろうし、安保法案が通過して仮にゴタゴタ面倒しいことになってもヘラヘラしていられるんでしょうな。老後も安泰、終身雇用も見えたかな?

こうして晒されたのが悩みになったりしてな…そんな中で、恐らく2015年の優勝となる短冊が見つかった。それは

「やったー!!」

何が? これは、願いごととして成立するのか!? それとも短冊を書かせて貰ったことへの感謝か!? いずれにせよ、おめでとう。

そんな訳で見事、優勝も決まった2015年の決定戦。あと数時間ありますから、短冊を書くのがまだの方は急いで書いてみるも良いでしょうな。それでは皆様、また来年!!