パイン株式会社のレアパッケージアメに妙に燃える女

NO IMAGE

梅スカッシュアメ、良いですなぁ。

P1050402

パイン株式会社の限定商品で、ファミリーマートのみで販売されている。そう『大盛況』が流れるファミマにて。「パインアメ」に代表される穴開きの飴にパウダーを閉じ込める技術ってのは凄いよなぁ。

これでは「飴=ボリボリ噛んで食べるもの」って方にはキツいかな。パイン株式会社SNS担当のマッキーさん曰く「あの硬さが噛むのに絶妙と仰る方もある」とのこと。でも、シュワシュワする感覚でそこはカバーされるか。

梅スカッシュアメ…今回はレアパッケージを逃したんだよな…と言うか、行ったファミマには全く無かった様子。

P1050197

実は、パインアメの姉妹品のうち、ファミマ限定で出る商品には「レアパッケージ」が存在する。これは今年の春に登場した「温州ミカンアメ」。これはレアパッケージに遭遇。

「ジューシーで甘酸っぱい」の一文に描かれたミカンがその証。

こういうこともある

2015年末に「ちっちゃな温州ミカンアメ」が限定で登場した。実はよく見ると、これもレアパッケージ。

これが動かぬ証拠だ

「アメ」の文字の下、「甘酸っぱい」の横に、レアパッケージの証が。

あと、「ちっちゃなキウイアメ」もレアパッケージを確保した実績が。Twitterでマッキーさんに報告したら「その通り」と返信アリ。「ちっちゃな」シリーズも見逃せない。

そんな訳でレアパッケージはチト燃えるところがある。ただ、レアパッケージだからと言って、オマケがある訳でも何でも無いのだが。まぁ、遊び心は大事ですよね…ってことで。

梅スカッシュアメのレアパッケージって、どんなんだろ?

実のことを言うと、パイナップル自体が苦手ゆえに、本式のパインアメは余り口にしない。ただ、それ以外の味でも結構イケるのが多いんだよな。これは「●●アメ」シリーズで無いものでも言えること。うん、良い会社だ。

ついつい食べ過ぎることが多いアメではあるが、これからの飛躍に期待しよう。

PAGE TOP