自己啓発セミナー発? 痛すぎる資格講座を見つけたぞ!

自己啓発セミナー発? 痛すぎる資格講座を見つけたぞ!

どう考えたって痛いでしょ。

前に「最高」を「最幸」だ、「頑張る」を「顔晴る」だ、当て字にするのは痛いってな話を綴ったんだが、先日、とあるブログ経由で更に痛い文言を見つけた。

成幸スペシャリスト講座 開講!!

…これね、要は資格講座ってことでしょ? 見た瞬間に「しょーもない資格」「しょーもないスペシャリスト」じゃございませんか?って思った訳だ。だって、そうでしょ、

なりゆきスペシャリスト

って読めるもん。つまり「小手先だけのスペシャリスト」「行き当たりばったりで動くだけのスペシャリスト」って解釈が出来る訳よ。

何の世界においてか知らんけど、そんな人間が本当にスペシャリストとして胸張って生きていけるの?とな。

「なりゆき」でスペシャリストを目指すってアレだ、「ヒアリングの力」をテストするようなもんだよ。んなもん測ってどうすんだ? 成績優秀なら権威を与えるとかどうなの?ってこと。

ん? 待てよ!? これは「なりゆき」と読まないのか!? じゃあ何と読めとな…

せいこうスペシャリスト

…うわっ、酷い当て字だぞ、これ。無理して当て字にする必要は無かったんじゃないの!? しかも「成り上がって幸を掴む」って言う腹黒さ満点な解釈も出来るのだが。これ、講座として受けたくなるアレか?

へぇ、自己啓発って、そんな世界なんですね。

当て字にして物事を考えた方がしっくり来るって経験はこちらにもある。ただ、それを周囲に言った所で「おぉ~っ、すげ~っ!!」なんて反応は案外無いもんだよ。下手すりゃドン引き。

なので、そう言う発想は変に公にするよりかは、自分の内に秘める位が良いと個人的には思う。これで資格講座商売にしてしまうとか…色々な意味で「大丈夫か?」と聞きたくなるね。

で、「その講座をやりましたー」ってブログを拝見した訳だが…うん、得られるものが無い。上記のことを抜きにしても「この講座の内容が分かった」「この講座は絶対に必要だ」って思いが皆無。

まぁ、頑張りたい…ゃ、顔晴りたい方は是非とも…ってことなんでしょうかね。たとえ「なりゆき」と呼ばれようとも。胸を張って生きられるのかどうか。

くれぐれも、その資格を履歴書に書く真似はしないように。

PAGE TOP