大病院の口腔外科で親知らずを診て貰った結果

NO IMAGE

あれれれれ、そう来ましたか。

歯並びは笑ける位に悪いんだが。町医者で診て貰った2日後、紹介された大病院の口腔外科へ。紹介状が無いと行けない病院で、予約の時点であれやこれや聞かれた訳だ。

しかし「紹介状」の封筒しか貰ってなくて…大丈夫だろうか!?

この日は事務所仕事があり、そこからバスで病院へ。1時間に1本のバスなのに、20分近く遅れて出発…本当は病院内のレストランで昼食をとるつもりが、時間が無くて院内ローソンで妥協。

その後、手続きをして口腔外科の窓口に…で、いきなり指示されたのは

「レントゲン写真を撮ってきてください」

そうだよ、紹介状にレントゲン写真が無かったんだよ。ただ、町医者が患部周辺しか撮影しなかったのに対し、ここでは歯全体を撮影しており結果オーライと言うか何と言うか。

その後、血圧測定を行い、少し待ってから診察室へ。いきなり言われたのは

「親知らず…無いですよ」

へ? あるから町医者に診てもらって紹介状も持参したんですよ!!

「ほら、左下…ぁ、左上ね」

どうやら紹介状に間違えて「左下」と記していたらしい。何やってんだ、町医者はよ!! で、親知らずの存在に気づいた今回の医師がひと言。

「これ、結構簡単に抜けますよ」

ん? 2軒の町医者で断られた身ですぞ!! そんなに簡単なものなの!?

「僕たちはこれが専門だから」

聞けば「口腔外科」だから簡単かつ数分で抜けるけど、町医者だとお手上げレヴェルだそうな。町の口腔外科でも音を上げる可能性大とも。うし、任せた。なるべく早く抜いておくれ。

で、今回の往診の先生と抜歯を受け持つ先生がそれぞれ自己紹介をし、大まかな抜歯の流れを聞いておしまい。ここでは薬が処方されず、2日後の抜歯を待つこととなった。

明日に続く

PAGE TOP