事務所に来るのは大抵「陣中見舞い」なのだが…。

NO IMAGE

選挙事務所に激励に来る人。

大概はこれを望むね。「頑張れよ」などと激励に来られる訳で…それを「陣中見舞い」と言いますわな。中には寄付があったりする訳だが、多くの場合そこには「陣中見舞い」と書かれている。たまに「寸志」「志」の方もあるか。

そんな訳で陣中見舞い…の筈が、1件だけ様相が大いに異なるものがやって来た。多分、後にも先にも出ないのでは無いかと思われる。心して見ると良い。

斬新過ぎて分からんじ、陣通見舞!?

まず確認だ、これは「じんつうみまい」で良いのか? まさか「陣痛見舞」では無いよな!? ってか誰も妊婦さんは居ませんよ。「中」と「通」だと読みもだけど明らかに画数違うよね?

陣通見舞…どこをどうやったら、そうなるでよ!?

しかし、これがだな、物凄く無理やりに解釈すれば粋な言葉だったりするかもね。「我が陣が通りますように」と願っているって考えたら…うん、強引過ぎるわな。

奇をてらうにしては何ともまぁ。

しかし、これが功を奏してか、手伝った先の立候補者さんは見事当選を果たしたのだ。電話戦とか個人的にはヤな戦法を取ったりもあったんだが、どうにかこうにか。

まぁ、何か訳が分からんままに日々が過ぎ、選挙が終わったにも関わらず、その事務所に駆り出される自分に嫌気も差していたり…本業も半年以上ストップさせられ、尚且つ今でもだもんな。

で、選挙が終わっても事務所に来る方も多い。大概は「おめでとう」を言いにだが、稀に此方の陣中見舞だったり…ってか「陣通見舞」は無いな。ただ、オイラを見舞うって言いかえれば事務所への貼付けな訳で。

あー、厄介なことに巻き込まれたもんだ。

PAGE TOP