JTサンダーズ 悲願のVリーグ制覇…そして黒鷲旗は?

JTサンダーズ 悲願のVリーグ制覇…そして黒鷲旗は?

最高の勇気を。最大の感動を。

リーグ参加から1度も降格したことが無いにも関わらず、優勝を手にできずに居た、バレーボールVプレミアリーグ男子のJTサンダーズ。遂に2015年、リーグ制覇を成し遂げた。昨年末の天皇杯に続く2冠。やー、シビレましたわ。

1セット目はフルセットで40点を超える展開に。サントリーサンバーズに何度もセットポイントを握られながらも少ないチャンスで上手く逃げ切ったJTに軍配。その勢いのままに2・3セットも連取して「完勝」でシーズンを終えた。

うん、天上の猫田勝敏さんも喜んでいるに違いない。

しかし、当初は「涙涙の…」と言う雰囲気に包まれたJTの皆様。あるところから状況が変わる。

それは、この試合で引退となった小澤選手のインタビューの時。若干、今どきの若者のようなノリで受け答えをしていると、いきなり「ちょ~~~~~っ!!」と叫び出す。

実はその横では、他の選手たちが自撮り棒を使って記念撮影中。小澤選手は見事にあふれてしまったのだ。「みんなね、僕をいじめるんですよ(笑)」とインタビューが笑いに包まれる。そして、インタビューが終わると…

間に合って良かったね。ちなみに自撮り棒を持っている酒井選手も今季限りでの退団が決まっている。

さて、順番は前後するが、ヴコヴィッチ監督も感慨ひとしおだろう。

ヴィソット選手の功績も大きい。何本サービスエースを決めただろうか。

サービスエースで優勝を決めた越川キャプテン。文句無しのMVP。

やー、本当に長い道のりだった。準優勝を何度も見て歯がゆいところがあったので、今回の優勝は非常に気分の良いものだった。先の天皇杯と違い、押せ押せムードが強かったな。しかし、優勝が決まった瞬間、こちらも泣いた。

で、昨日(2015年5月1日)から「黒鷲旗(くろわしき)全日本男女選抜バレーボール大会」が始まっている。ここで3冠を取れたら、言うまでもなく「黄金期」に入ったってことになるな。

ただ、TV中継が遅いもので、決勝まで勝ち上がってもリアルタイムで見ることが出来ないんだよなぁ。大阪に行く余裕も無く。うー、でも勝ってくれ。

そう言う訳で、広島を出てもJTサンダーズを応援するオイラ。これは変わらんだろうな。しかし、今住んでいるところって、別のチームを応援すべきところだろうに、そうしようって言う空気が無いんだよね。

これについては次回のブログにでも書くわ。

あいやー、黒鷲旗ではJTサンダーズ、準々決勝で散ってしまったか。しかも対戦相手はサントリーサンバーズ…Vリーグのお返しと言ったところだろうか? いずれにせよ3冠も達成ならず。無念。