トイレットペーパーホルダーの芯は100円ショップでも買えるのか!!

トイレットペーパーホルダーの芯は100円ショップでも買えるのか!!

確かに経年劣化ってあるよなぁ。

家のトイレのペーパーホルダー。同じくらいの期間で「芯」を使っていることになろう。一見プラスチックなので劣化を思わないかもしれないが、実は中のバネが緩んでいたりするようだ。

バネが緩んでしまうと、折角ペーパーを取り付けても、何かの弾みで床に落ちてしまうことがある。その勢いで無駄にペーパーが引き出されてしまうことも。

床に落ちた弾みで、ペーパーそのものがエラいことになる場合もあるでしょうよ。仮に床が清潔で無かったら…。もし、芯がそんなに高くないなら、買い替えた方が良さそうだな。

そうしたら、100円ショップがやってくれよったわい。

今回はキャンドゥ(CanDo)へと。写真にある替芯をお買い上げ。ちなみに、CanDoでは替芯自体はこれ一択らしい。キャンドゥにあるのなら、ダイソーにもあるんじゃなかろうか…と思ったら、うん、あったあった。

Seria(セリア)にもあるから、ご安心あれ。

何年でダメになるものか分からないが、実際に取り替えてみて「買い替える必要のある商品」ってことはよく分かった。いきなりペーパーが落ちることも今では無い。

ちなみに、トイレットペーパーの中には、ペーパー自体の芯が無いものもあるよな。それを使うとなれば、それ専用の芯が必要になる訳だけど、それが100円ショップに並ぶことは…店舗問わず多分無い気がする。

まぁ、そう言うペーパー自体がメジャーじゃ無いわな。ペーパー自体の芯が無い分、ペーパーの量は多くなって「エコ」って話になる訳なんだけど。

普及率がまだまだ低いってことだろう。そうなると、今回のような芯が重宝される時代が続くって訳だ。100円程度で解決するとなれば、何かを惜しむということも無いだろう。

ペーパーを取り付けても何だか安定しない…という場合には、1度試してみると良いのですよ。

そう言えば、どうしたことか、今の家の「トイレ」がブログネタ多めになって来ている。まぁ、役に立つかどうか分からんが、折角なので綴ってみましょうかね。つまんなかったら「水に流して」くださいな。