こんな曲で灯油売りが来たら泣いてしまうがな

NO IMAGE

広島市に住んでいた頃、灯油の配達車は『たきび』と共にやって来た。

あたろうか、あたぼうよ!!「灯油」と「焚き火」は併用しないかと思う…まぁ、写真も灯油と縁は無いだろうし、焚き火とも呼ばないだろうが。ただ、「暖を取る」と言うイメージはすぐに沸くから悪く無いんじゃないの?

「たきび」の歌と共に「18L一缶、1,890円で販売しています」などと言っていた。2014年12月当時はね。広島って灯油もガソリンも高い地域と言われているそうで…確かに年々上昇するから嫌気が差していた。

で、引っ越してからは状況が変わった。

そのエリアを走る車から流れるのは『どんぐりころころ』…何でやねん。火とか全然関係無いじゃないか。しかもアナウンスは一切無し。曲そのものもオルゴール調のインストVer.なので、まぁ悲しい悲しい。

しかし、このエリアでは随分と昔からこの曲で走るそうで、「どんぐりころころ=灯油」と言うイメージが強いんだとか。値段のアナウンスは無いものの、広島より遥かに安いのは確かだそうな。

こんな、ゆっくりで切ないアレンジだと、車の存在が分かるには分かるが「わー、来た来た」と言う気持ちにはなりにくい。当面、自分には馴染みそうに無いな。

しかし、上には上が居た。

ここのお隣の町にて。そこでも音楽だけを流しながら灯油を販売していた。その曲が悲しすぎる…だってこれだもん。

『月の沙漠』

…何でマイナーコードなんだよ、これでは、たまたま車の近くを通った時に泣いてしまうかもしれない。ただひたすらに重いよ。

この曲も一応は童謡なんだろうけど、今どきの子は知らなかったりしてな。こちらもフルには知らなかったな。あと「砂漠」では無くて「沙漠」なんだとさ。

で、色々と調べる中で、これは色々な意味で泣くだろ…と言うVer.を発見。しかし、味があって妙に惹かれたな、これ。

http://youtu.be/omytBK3_wvw

ハコさんのVer.は案外好きだけど、この曲は灯油売りと全く関係無いと思う。どうしてそんなチョイスになったのか…謎だ。子ども時分だったらワンワン泣いたと思う。そう考えると『たきび』はNo.1ソングなのかもしれない。

PAGE TOP